2018/06/17

東海道五十三次歩き(第24回) 新安城~知立宿~鳴海宿1

梅雨の時期は天気が読めない・・・
今回は、天気予報がコロコロ変わり、前日になっても定まらず、行くかどうか迷った。
しかし、降雨量はそれほどでもなさそう・・・
ということで行くこと決定!

今回は今まで一番早い新幹線に乗ることにした。6時26分のひかりである。
というのも、このひかりがめずらしく豊橋に停車する電車だからだ。

8時前に豊橋に到着、名鉄の特急に乗り換えて前回のゴール、新安城へ。
豊橋では降っていた雨は、途中やんだが、新安城に着いた時には降っていた。
ということで、ザックカバーをかけ、マップはぬれないようマップケースに入れて8時45分歩きスタート。

国道1号線を渡ったところでせせらぎ説明板を撮影し(前回からちょくちょく明治用水の話が出てくる)、東海道に復帰。

1
少し進んだところで郵便局を左に曲がり、崇福寺に寄ってみる。
三猿碑があると聞いて行ってみたのだが、なぜか見つからず・・・(どこにあったんでしょう?)

2

3
動物供養塔や水子地蔵尊などを撮る。
立派なお寺だ。

東海道に戻る。

4
小規模ながら松並木が続いている。伊勢湾台風で倒れた木が多く復元したそうで、江戸時代の松は27本くらい残るのみとのことだ。

5
ここで、前回見たのと違うデザインのマンホール発見!
七夕祭りだが、安城は七夕が有名らしい。

6
常夜灯と秋葉神社を通り過ぎた先で猿渡川を渡ると、安城市から知立市へとはいった。

7
橋にはカラフルな松がデザインされている。

御鍬(おくわ)神社に到着した時には、ほぼ雨がやんでおり、いったん傘をたたむ。

8
江戸時代に近隣の8つの村が連合して伊勢から御鍬神を勧請したということだが、大正時代に建てられた本殿は神明造りで伊勢神宮の2分の1の大きさだそうだ。

9
来迎寺交差点に元禄の道標が建っている。
「従是四丁半北八橋業平作観音在」と彫られており、無量寿寺への道標になっている。
道標に従って右折、お寺へと向かう。

また雨が降り出して傘を出す。

10
明治用水西井筋緑道を越した先に、在原業平の有名な歌(かきつばたの五文字を冒頭に据えて詠んだ)
 からころも 
 きつつなれにし 
 つましあれば 
 はるばるきぬる 
 たびをしぞおもう
と、かきつばたがデザインされているマンホールがあった。

東海道からは往復2キロあまりの寄り道だが、このお寺に寄ることにしたのは八橋かきつばた園を見るため。

かきつばたの季節は終わってしまっているし、そもそも今年は生育不良(お祭りも中止とあった)と聞いていたので、お花は見られないともちろん思っていたのだが・・・

11
たった、1本咲いているのを発見!

12

13
芭蕉句碑や、八橋古碑などもある。

14
業平竹(縁結びの竹)なるものもあった。

15
そして、復元された八橋。
かきつばたが咲いていたらキレイでしょうね。尾形光琳の絵のように・・・

16
業平像と句碑もあった。

来た道を戻り再び東海道へ。

17

18
少し進むと来迎寺一里塚がある。
きちんと両側が残った一里塚だ。
普通は榎がだ、ここに植えられているのは松。松は北側の方が立派だ。

和菓子の両口屋の手前を左折したところにあるのが、吉田忠左衛門夫妻の墓所。

19
忠左衛門は赤穂浪士の一人で、切腹後、高輪の泉岳寺に葬られたが、身を寄せていた娘婿の主君が刈谷に転封されたため、この地に移った妻りんはこの地で病没し、形見の夫の生歯をともに埋葬されたとのことだ。

両口屋にミカン氷餅なる貼り紙があり、おいしそうだなあと思ったのだが・・・
午前中から冷たいものはやめとこうと思いあきらめる。

20
その先に弘法大師道の道標があり(三河三弘法の一つ、遍照院へのみちしるべ)、続いて衣浦豊田道路の高架手前に元禄道標がある。ここからも無量寿寺へ行くことができる。

21

22
雨も上がり、高架の向こうに松並木が見えてきた。
国道1号線合流地点まで500メートルほど松並木が残っている。170本ほどの松が植えられているとのことだ。

まず池鯉鮒の碑があり、そのあといろいろなモニュメントが建てられていて楽しい。
かきつばたも植えられている。
23

24

26

25

27
馬の像も。

28
万葉歌碑と馬市句碑。

広重の絵があって、松並木終了。

(2へ続く)

マップはこちらを使っています。
 ↓ ↓ ↓
ホントに歩く東海道 第11集 岡崎(新安城)~桑名 (ウォークマップ)

2018/06/16

キリン 一番搾り 超芳醇

1806161
期間限定品の一番搾りの派生品を買ってみた。
缶がキンキラキン~

注いでみると、まあフツーの黄金色。
飲んでみると、うーん濃いですね。芳醇というより濃い。
度数の濃さ(6度)もあるけれど、苦みがかなりあとまで残る。その後甘みもぐっとくる。

濃いのにすっきりと書いてあったけれど、すっきりではないなあ。
そこがいいのだけど。

2018/06/15

ジャナ・デリオン『ワニの町に来たスパイ』

本日の本

ワニの町へ来たスパイ (創元推理文庫)
book-8 『ワニの町に来たスパイ』 ジャナ・デリオン著 創元推理文庫

STORY:ひょんなことから一時潜伏を命じられ、ルイジアナの川辺の町にやってきた凄腕のスパイ、レディング。おとなしくしていなければならないのに、着いてすぐ、保安官助手に目をつけられ、家の裏で人骨を発見してしまう・・・

☆☆☆☆☆抱腹絶倒のユーモアミステリ。
いや~、これはツボにはまりましたね。

設定がかなり無茶なのだけど、そんなことは全然気にならない。

任務の途中、怒りにまかせて武器商人の弟を殺してしまい、身を隠さなければならなくなった主人公は、元ミスコンの女王にして編み物好きの司書という、自分とは正反対な女性に扮することになり・・・
そんなことうまくいくわけもなく、はじめから馬脚が・・・

なんかこの設定が、サンドラ・ブロックの「デンジャラス・ビューティー」を一瞬連想してしまい、全然違うのに、読んでてサンドラの顔が思い浮かんでしかたなかったけれど、これ、映像化したら絶対おもしろいと思う!

おしとやかにしないといけないのに、ついつい勝手に?体が動いて、暴れることになってしまうレディングのキャラもおもしろいのだが、さらにおもしろいのが、婦人会を牛耳るアイダ・ベルとガーティのおばあちゃんコンビ。
この2人がなかなかの強烈キャラで(最後にちょっとした秘密が明かされるけれど)、レディングも霞む勢い。いや~パワフルなおばあちゃんたち。
おばあちゃんが活躍するミステリが大好きなので、これはホントにツボ。

ついついこの3人に注目してしまうのだけど、ミステリとしてもうまくまとまっていて○。

アメリカでは10作目まで出ているそうで、今後も翻訳が出そうなので、楽しみ!


2018/06/14

サントリー TOKYO CRAFT ベルジャンホワイト

1806141
サントリーのこのシリーズはクオリティーが高くて、いつも楽しみ。
今回は、以前ならビールの範疇には入らなかった、コリアンダーやオレンジピールが入ったもの。

注いでみると、色は薄め、泡はきめ細やか。
飲んでみると、おお!ベルギーのホワイトビールだ!
というよりはもうちょっとあっさりめだけれど、いいですねぇ。
さわやか系ビール。

次もどんなのが出るか楽しみ。

2018/06/13

国分寺:煙 国分寺店

土曜日、美術館をはしご。
となれば、飲んで帰ることに。

1806131
なんか知らない焼き鳥やさんがあるなあと思っていたのだが、4月2日オープンしたばかりだったんですね。
なんとなくいつもいくお店は決まってしまっているのだけど、たまには新規開拓しなければ!
ということで、新しいお店へ。

1806132
まずは生ビール。お通しはもずく酢、白瓜。
この日は真夏日。暑かったのでビールがおいしい!

1806133
焼き鳥やさんだと野菜が不足するので、漬け物盛り合わせ。
これだけじゃまだ不足という話もあるけれど(笑)。

1806134
焼き鳥は、ふりそで、かしら、はつもと。いずれも塩。
ふりそでとかはつもとはどのお店でもあるわけではないので、見ると注文したくなりますね。

1806135
もつ煮込み。ごぼう入り。七味をたくさんかけて。
日本酒は、山形の楯野川・大吟醸。日本酒も結構取りそろえているところは魅力的。

1806136
焼き鳥第2弾はやげんなんこつ、砂肝。
コリコリ系で!

質のいいお肉でどれもおいしかったです。
他の串にもチャレンジしたいなあ。また今度。

東京都国分寺市南町2-16-19 加藤ビル 2F

2018/06/12

【ターナー 風景の詩展】

art-17 【ターナー 風景の詩展】 東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館

1806121
上野から新宿へ移動、続いて見たのはターナー展。
ターナーというとテート・ブリテンを連想するが、今回はエディンバラのスコットランド国立美術館群の作品を中心として、日本の郡山市立美術館などからも出品されている。

第1章 地誌的風景画
若き日のターナーは正確に再現することを目的とした地誌的風景を描いたという。
ということで、若い頃の作品は非常にオーソドックスな風景画である。
あのもやっとした油絵の印象が強いものだから、へえと思ったのだが、繊細で緻密な水彩画が多い。
19歳の時に描いたという「マームズベリー修道院」もさすが!というできばえ。
ターナーは多くの版画も残していて、今まであまり見たことがなかったけれど、小品ながら粒ぞろい。
好きな作品は次のとおり。
「ソマーヒル、トンブリッジ」。
「コールトン・ヒルから見たエディンバラ」など。
「フトーンヘンジ、ウィルトシャー」はよくよく見ると不思議な絵。雷に打たれた羊(と人も?)が・・・

第2章 海景-海洋国家に生きて
ターナーというと海景画のイメージはありますね。
荒れた海もよく描いているけれど、大迫力!
「風下側の海辺にいる漁師たち、時化模様」のリアルさはなかなか。
「海岸で救難作業をする人々」もリアルだが、この頃になってくると、少しターナー感が出てくる(もやっとしてくる)。
「オステンデ沖の汽船」ともなると、これこそターナー。海と空の境目がなくなる。
今回、ヴィニエット=本の挿絵がたくさん出ていたが、これがなかなかいいんですね。
「ヘルゴラントの死の舟」は後ろで骸骨が踊ったりして、ブラックなおもしろさ。
「海辺の日没とホウボウ」もなんかツボにはまった。なぜホウボウが描かれてるのか?

第3章 イタリア-古代への憧れ
ターナーはローマを訪れ、景色をたくさんのスケッチブックに残している。
これまであまり見たことがなかった・・・というかもしかして印象に残らなかったのかも。
黒チョーク、青、茶、灰色のウォッシュで描いた、色のあまりない風景画がなかなかよいし、この題材は版画がよく合う気がする。
ターナーらしい作品であれば「キリスト教の黎明(エジプトへの逃避)」だろうか。

第4章 山岳-あらたな景観美をさがして
ターナーならば山より海と思っていたが、山の絵、いいですねぇ。
「スノードン山、残照」。山の向こうの残照が何とも言えない色合いで美しい。
「キルカ―ン城、クラチャン・ベン山ー真昼」には美しい虹が!
「サン・ゴタール山の峠、悪魔の橋の中央からの眺め、スイス」はダイナミックな眺めが描かれる。実際より谷を深く描いているという。
ローレライやブレゲンツを描いた作品もいい。

モヤモヤなターナー作品は少なかったですが、逆にそれがよかったかな。
是非どうぞ。

1806122


2018/06/11

【プーシキン美術館展ー旅するフランス風景画】

art-16 【プーシキン美術館展ー旅するフランス風景画】 東京都美術館

1806111
これまでプーシキン美術館展には2回行っているが、今回の展覧会は風景画に絞っての展覧会。

第1章:近代風景画の源流
かつて絵画には序列があり、歴史画、肖像画、風俗画ときて、ようやく風景画がくる。
まずは、神話や聖書の物語の背景として描かれた風景にスポットをあてた展示。
クロード・ロランの「エウロペの略奪」はゼウスが牛に化けてエウロペを略奪するというおなじみのテーマを描いているが、人物は手前に小さく描かれ、背景に雄大な景色が描かれているという点では風景画といって差し支えないかもしれない。
ジャン・フランソワ=ミレーの「ハガルの追放が描かれた風景」は旧約聖書を主題として絵だが、ミレーらしい風景が広がる。
ラジューの「狩猟後の休息」はロココっぽく、ブランコが描かれていたりするので、フラゴナールのブランコを連想した。
ヴェルネの「日の出」と「日没」は対になった作品で空と海が美しい。
廃墟の画家、ユベール・ロベールが2点。「水に囲まれた神殿」は幻想的だ。

第2章:自然への賛美
牛の画家トロワイヨンの「牧草地の牛」。トロワイヨンは風景画というより動物画のイメージだったが、これもまた風景画の範疇なのかな。コワニエとブラスカサットの「牛のいる風景」の方が気に入ったけれど。
コローが2点。「夕暮れ」の方がコローらしい絵。
クールベの「水車小屋」は、水が荒々しく描かれ迫力がある。「山の小屋」はちょっと地味。
レルミットの「刈り入れをする人」。ミレーの影響を受けた画家とのことだが、ミレーよりかなり明るい色彩だ。麦が美しい。

第3章:大都市パリの風景画
華やかなパリの絵が続く。
ルノワールの「庭にて、ムーラン・ド・ラ・ギャレットの木陰」。「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」に雰囲気が似てる・・・と思ったら、女性の服は同じらしい。
ロワールの「パリ環状鉄道の煙」は大きな絵だが、発展しつつあるパリの躍動感が伝わってくる。
マルケの2点もよかった。強烈でないフォービズムで、この色遣いが好き。

第4章:パリ近郊―身近な自然へのまなざし
目玉のモネ「草上の昼食」登場!
以前、オルセーにある、分断された「草上の昼食」は見ているのだが、こちらははじめて。マネの作品に触発されて描いたのか?まあでもあまりモネっぽくない絵である。
オルセー版の下絵として描かれたものを最終的に作品として完成させたもののようだが、正直なところオルセー版の方が好きだなあ。
モネは他に3点。この3点の方がいいですね。
積みわらもいいのだが、「白い睡蓮」が美しい。初期の頃の睡蓮で形がちゃんとある!
シスレー、そしてピサロは風景画の王道。
マティスの「ブーローニュの森」は控えめなフォービズムといったところ。ブラマンクの「小川」の方がはっきりとしている。
ピカソ「庭の家」はキュビズム。

第5章:南へ―新たな光と風景
セザンヌが3点。
ワタクシが追いかけているサント=ヴィクトワール山が2枚あった。やはり後年に描かれた方がキュビズムに限りなく近づいている感じ。もう1枚の方が穏やかな画風だ。
ドランの色彩が強烈。

第6章:海を渡って/想像の世界
ゴーガンの「マタモエ、孔雀のいる風景」はまあいつものゴーガンだが、ルソーの「馬を襲うジャガー」も風景自体はいつものルソー・・・と思ったら、ジャガーに襲われる馬が変!馬は襲われているのがわからないかのようなキョトン顔だし、足が変だし。なかなかにシュールな絵だ。
大好きなドニも1枚。ギリシャ神話を描いた「ポリュフェモス」だが、なぜか赤いドレスの女性が!妙に現代的な絵なところが不思議だ。
最後はシュールレアリスム的な作品で締めくくり。

点数は少なめですが、風景画が好きな方は楽しめるはず。
是非どうぞ。
1806112

画家Tシャツ買っちゃいました・・・
1806113

2018/06/10

新宿御苑:木蘭

昨日は悲しい出勤日。仕事を終えて昼食へ。
前回土曜勤務だった日に行ったお店の隣なのですが・・・

1806101
外観は喫茶店のようだけども、中華のお店なのです。

1806102
私が頼んだのは五目ウマニそば。
そうそう、こういう味だよね、五目そばは!と思う味。
とろみがあるので、結構アツアツ。具は海老、いか、豚肉、白菜、きくらげ、人参、たけのこ、小松菜、ねぎ。
時々食べたくなる味ですね。

1806103
同居人の挽肉辛みそば。
ちょっと味見させてもらったけれど、ピリ辛という程度。じわじわ辛みがつゆにも浸透していくのがいいですねぇ。

次回は酸辣湯麺を食べてみようかな。


東京都新宿区四谷4-28-20 パレエテルネル 1F

2018/06/09

武甲正宗

1806091

昨年、秩父に行った際に購入したお酒。
いろいろと種類はあるが、これは特別純米酒の無濾過原酒。

注いでみると、少し色がついていますね。
飲んでみると、結構濃いな~
原酒ということもあってか、ガツンとくる感じ。
じっくり飲みたい感じのお酒でありました。

2018/06/08

「団塊ボーイズ」

本日の映画

WILD HOGS/団塊ボーイズ [Blu-ray]
movie-9 「団塊ボーイズ」  Wild Hogs  2007年米

DIR:ウォルト・ベッカー
CAST:ジョン・トラボルタ、ティム・アレン、マーティン・ローレンス、ウィリアム・H・メイシー、マリサ・トメイ、レイ・リオッタ、ピーター・フォンダ
STORY:破産し妻にも逃げられた実業家ウディ、ストレスマックスの歯科医ダグ、なかなかモノにならない小説家志望のボビー、パソコンオタクのダドリーの4人はハーレーで旅に出ることに。気ままなツーリングのつもりが思わぬ大冒険が待っていたのだった。

☆☆☆コミカルなロードムービー。

このメンツを見ただけでおもしろそう!と思った。
冴えないおっさん4人組が、冴えない日常から脱するべく、重い腰をあげてツーリングに出かけるのだが、次々と事件が持ち上がり、とんでもないことに・・・

あくまで冴えないおっさんたちなので(笑)、何をやってもドジ続き、何一つうまくいかないという・・・

T・アレンとかM・ローレンスがややアクが強すぎる気もするけれど、コメディ役者なのでおもしろい。でも一番おかしかったのはW・H・メイシー。いつもビクビク気弱なオタクプログラマー役がじわじわとくるんですね。冴えない度は一番高いのに、おいしいところをさらうという(笑)
トラボルタは、いつもトラボルタなのでまあフツー(笑)。

あ、いや、もっとおいしいところをさらった人が!
それが、P・フォンダ。いやぴったりの役どころで、こういう出方はうれしいなあ。

わりとベタな笑いが多いのだけど、ワタクシ的にはギリギリOK。
冴えない感じがいいんですね(←クドイ・・・笑)。

«ボストン・テラン『音もなく少女は』

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon