2022/06/26

中山道六十九次歩き(第23回) 男女倉口~下諏訪宿1

前週に歩く予定だった和田峠だったが、雨のため延期。
1週間後天気は大丈夫そうということで、いよいよ難所の和田峠越えを決行することにした。
道迷いはなさそうだけれど、電波も途中こなさそうだし、下りはかなりの急坂ということで、今回は助っ人1名を加え3名での歩きである。

いつものあずさ1号に乗り、上諏訪駅到着9時13分。
22分発の各駅(飯田線経由で本来は豊橋行きだったが、落石で一部不通になっていたため、中部天竜行きとなっていた)に乗り、下諏訪駅到着27分。

1_20220626225501

今まで気づいていなかったが、下諏訪駅に原田泰治の絵(万治の石仏の絵)の説明板があったんですね。原田泰治美術館に行ったのはずいぶん前のことだ。

改札を出てタクシー乗り場に行くと運良く一台いたので乗り込む。
上田からバスを乗りつけば男女倉口まで行くことができるのだが、長久保から先のバスが火、金しか運行していないため、やむなく下諏訪からタクシーに乗った次第(行ったのは土曜日)。Googleマップで調べると車で23分ほどとのことだったが、本当にその通りに男女倉口の和田峠登山口に到着した。

2_20220626225501

トレッキングポールを組み立て、10時10分前出発、登り始める。
熊出没注意の看板がある。

3_20220626225501

すぐに休み茶屋が見えてきた。トイレは使用禁止の張り紙がしてある。

4_20220626225501

横には三十三体観音が。
かつて、山の中腹にあった熊野権現社の前に並んでいた石像だったが、旧道の退廃とともに荒れ果て、ここに安置されたもの。内訳は、千手観音13体、如意輪観音4体、馬頭観音10体、不明2体とのこと。千手観音が目立つ。

5_20220626225501

すぐ近くを和田川が流れているのだが、かなりの水流でゴーゴーといっている。

6_20220626225501

道は草が刈られて歩きやすくなっていて、なんかわりと刈ったばかりの草のにおいがするねという話をしていたら、ボランティアの方たちだろうか、草刈りをまさに今している方々(6名)がいた。

7_20220626225501

途中が切れてしまった木。枯れないのかな?

8_20220626225501

大小いくつかの木の橋を渡って進むと国道に出た。

9_20220626225501

そこで見えてきたのが国史跡の接待茶屋(永代人馬施行所)跡。
江戸呉服町の豪商加勢屋与兵衛が、金千両を幕府に献金し、その利子百両を二分して、碓氷峠とこの和田峠に50両づつ下付して、文政11年(1828)に設置された施行所の一つ。11月から3月まで峠越えの旅人に粥と焚火を、牛馬には年中小桶一杯の煮麦を提供したという。
中にかまどと焚き火場があった。
ここで少々休憩。

10_20220626225501

道路をはさんで向かい側に接待の湧水。汲みにくる人も多いのだろう。

11_20220626225701
すぐ先にあるのが殉職警察官近藤谷一郎巡査之碑。
明治22年、窃盗犯人を下諏訪へ護送する途中に逃走した犯人を捕えようとして格闘中、犯人の投げつけた石を顔面に受けて倒れ、巡査の剣で腹部を切られて殉職した。
犯人は傷を負って接待茶屋に逃げ込んできたが、茶屋の主人が護送中の犯人であることに気付き、通りかかった住民取り押さえたという。

12_20220626225701

国道を進みカーブした先で、道はまた山道へ。

13_20220626225701

このあたり、シダが多い。オシダかな?苔も芸術的だ。

14_20220626225701

近藤谷一郎巡査殉職地の碑。
この前の和田川で発見されたという。

15_20220626225701

またまたいくつか木橋を渡るが、苔が生えているのもあり、雨だとすべりそうだ。

16_20220626225701

避難小屋。
トイレもすごいことになっているが、中も座るところが崩れていたりで、もう避難小屋としても使えなさそうだ。

17_20220626225701

その先は石畳の道だが、ちょっと歩きづらい。箱根を思い出す。

18_20220626225701

これまた苔がすごい橋。
抜け落ちて補修してある橋もある。

(2へ続く)

マップはこちらを使っています。

2022/06/25

サッポロ 北海道生搾り

2206251

先日、生協の北海道フェアで買ったもの。
ビールかと思ったら発泡酒。。
最近あまり発泡酒ってないですね。

注いでみると、やや薄めの色。
飲んでみると、うーんやっぱりこれはビールじゃないですね。
不思議な香りだ(褒め言葉にあらず)。この時点で、ビールじゃないなと思う。
そして、味はあっさりというかほぼなくて、夏の昼にくいっと飲む感じですかね。

ヤッホー・ブルーイング クラフトザウルス ブラックIPA

2206233

クラフトザウルスの黒ビール。

注いでみると、当然ながら真っ黒。
飲んでみると、へー、焦げ味がもっとくるかと思いきや、以外と爽やか系ですね。6.5%とちょっと度数高めだけれど、あまりわからなかったですね。

これ、好きなタイプの黒ビールです。

 

2022/06/23

熊澤酒造 河童の純米吟醸

2206231

我がふるさと、茅ヶ崎の酒造のお酒をいただいた。
この酒造さんのお酒は天青は飲んだことがあるし、地ビールも飲んだことがある。
しかし、この河童のお酒は知らなかったな~

ん?
茅ヶ崎に河童の伝説なんてあったっけ?
河童徳利伝説なるものがあったんですね。知らなかった・・・

なんでもこのお酒は、茅ヶ崎産の米、酒造の井戸水、敷地内で採取した自社酵母とすべて茅ヶ崎のもので造られているらしい。

飲んでみると、辛口かなと一瞬思ったけれど、その後甘みを感じるように。はっきりとした飲み口のお酒。
じっくり飲むのがよいですね。

 

2022/06/22

伊東酒造 本醸造 八剣

2206221

先日、和田峠を越えて下諏訪まで中山道を歩いた際、上諏訪駅に出たのでおみやげやさんでゲットしたお酒である。
この酒造のお酒、フツーの横笛は飲んだことがあるのだけど、自分では買っていなかったので購入。これで上諏訪の酒造のお酒はコンプリート!

飲んでみると、結構辛口ですね。
キリッとしたお酒。
最近自分のお酒の好みが、やや甘めにシフトしているんだけど、これくらいの辛口はちょうどいいかも?酸味もちょうどいい感じ。

諏訪のお酒はまた買おう!

2022/06/21

ヤッホー・ブルーイング 裏通りのドンダバダ

2206211

今回のよなよなクラフトビール定期便で届いたビール。
缶、インパクトありますね~
なんだろ、これ??どうやらプロレスラーらしいですね。ルチャリブレか!

フリースタイル・ベルジャンゴールデンエールとのことだが、えーとそれってどんな感じなんだろう?

注いでみると少し薄めの色。
飲んでみると、フルーティビールかと思いきや、かなり苦みがありますね。
6%ということもあるけれど、結構がっつり系のビール。
うん、これはおいしい。

2022/06/20

前略 好みなんて聞いてないぜSORRY 其ノ四 セッション柚子エール~あら塩仕立て~

2206201

よなよなのクラフトビール定期便で届いたビール。
あまりに名前が長すぎて、こりゃ絶対覚えられない(笑)

ゆずが入っているということで、昔ではビールの範疇に入らなかった製品ですね。

注いでみると、若干薄い色。
飲んでみると、まずはゆずの香り、そしてガツンと塩味。
おもしろい!

しかしこれはお料理にあわせるのが難しそう?
クラフトビールのお店に行って、ちょっと変わったものをということで何杯目かに頼むビールかな。

2022/06/19

沓掛酒造 福無量 純米酒

2206191

先月、中山道を男女倉口から長久保まで歩いた際に、新幹線に乗る前に上田駅で買ったお酒。
北国街道沿いの酒造さんなんですね。

飲んでみると、お米の味を感じますね。
甘さを感じるけれど、これはお米の甘みでしょう。
もっとゆっくり飲むべきお酒なのかもしれないけれど、案外飲みやすくてすいすい飲んでしまいました。

 

2022/06/18

笑亀酒造 笑亀 特別純米酒

2206181

先月、塩尻から中山道を歩いた際、塩尻宿の酒蔵で購入したお酒。
まだ歩き始めで、しかもこれから塩尻峠を越えるというのに買ってしまうという(笑)

笑亀・・・しょうき・・・
あ!ラベルは鍾馗様か!

飲んでみると、米の甘みがじわっとくる感じ。
でも、すーっと甘みは消えて、うまみに変わる。
なかなかよいです。

 

2022/06/17

アサヒ ホワイトビール

2206171

東京・神奈川のセブンイレブン限定のビール。
缶のデザイン、きれいだな。

注いでみると、ホワイトビールというだけあって、白っぽい少し白濁した色。
飲んでみると、うーん確かにホワイトビールですね。バナナっぽい香り、オレンジっぽい感じもある。
ほー、ちゃんとコリアンダーシドとかオレンジピールとかが使われていて、結構本格的。
と思ったら、製造元は軽井沢ブルワリーなんですね。

«よなよな月の生活(クラフトビール定期便)5回目

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon