« 忘年会連続 | トップページ | 毎年おそばを »

2004/12/18

「ハゲタカは舞い降りた」

一昨日の読了本:「ハゲタカは舞い降りた」 ドナ・アンドリュース著 ハヤカワ文庫
弟のゲーム会社の受付として、手の怪我が治るまで勤めることになった鍛冶職人のメグ。ある日みんなの嫌われ者のプログラマーがマウスコードで絞殺される。変わり者ばかりの社員はいずれも怪しくて・・・
 いつもながらドタバタのコメディミステリー。が、ちゃんと意外な犯人を用意しているところはさすが。ちょっとドタバタすぎるきらいもあり、好き嫌いが別れるかもしれない。私は結構好きだ。これは4作目だが、もしかして3作目は読んでいなかったかもしれない。

« 忘年会連続 | トップページ | 毎年おそばを »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/2299659

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハゲタカは舞い降りた」:

» 地獄から来た裸の弁護士 [のぶたと南の島生活in東京]
このロールプレイングをやってみたかった!! これはドナ・アンドリューズの4作目「ハゲタカは舞い降りた」(早川ミステリ)に出てくるパソコンゲームの題名である。何か... [続きを読む]

« 忘年会連続 | トップページ | 毎年おそばを »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon