« 「M:i-2」 | トップページ | フォートナム・メイソンのティーバッグ »

2005/01/28

『夜のフロスト』

本日の本
book-2 「夜のフロスト」 R・D・ウィングフィールド著 創元推理文庫
STORY:流感の大流行でデントン署も壊滅状態。人員が圧倒的に少ないのに、事件は次々と発生。老女連続殺害、行方不明の少女、ばらまかれた中傷の手紙、脅迫・・・フロスト警部は新人のギルモア刑事とともに不眠不休で働く・・・
フロスト警部シリーズ第3弾。2冊目よりさらにページ数が増え、事件も増え・・・これだけの事件が渋滞をおこさず描かれるのは見事である。フロスト警部の下品なジョーク、行き当たりばったりの捜査はさらにパワーアップ?しているが、人情味も健在でやっぱりフロスト警部を応援したくなる。事件の解決が偶然にたよりすぎているきらいはあるけれど、このページ数をさらさらと読むことができるのはすごい。次回作はいつでるんだろう。
ミステリー・チャンネルでイギリスのテレビシリーズをやっていたが、再放送があったら是非見てみたい。

« 「M:i-2」 | トップページ | フォートナム・メイソンのティーバッグ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/2728935

この記事へのトラックバック一覧です: 『夜のフロスト』:

« 「M:i-2」 | トップページ | フォートナム・メイソンのティーバッグ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon