« 今場所の魁皇 | トップページ | 若松駅(鉄道乗りつくしの旅) »

2005/03/28

「ルーヴルの怪人」

本日の映画
movie-23 「ルーヴルの怪人」 Belphegor-Le Fantome Du Louvre 2001年仏
DIR:ジャン・ポール・サロメ
CAST:ソフィー・マルソー、ミシェル・セロー、ジュリー・クリスティー
STORY:1935年デフォンテーヌ教授がエジプトでミイラを発掘、船でルーヴル美術館に運ぶ途中怪死する。60年後、地下収蔵室からミイラが教授の日誌とともに発見され、調査が開始された途端美術館に奇妙な事件が続発するのだった。
☆☆☆ルーヴル美術館の全面協力で撮ったらしい。ちと画面は暗いがあああそこだ、あの部屋だ!と行った時のことを思い出しながら見た。ルーヴルにはいろんな伝説があるらしいが、確かに何かありそうな雰囲気の美術館だ。
この映画、怪奇映画というかホラーのジャンルに入るのだと思うが、かなりコミカル度の高い映画だった(中途半端ともいう)。でも、ルーヴルが見られたし、ソフィー・マルソー(デビュー当時はこんなにスターになると思わなかった)は相変わらずきれいだし、ま、よしとしよう。お久しぶりのJ・クリスティーも(去年「トロイ」でも見たっけ)ミイラの専門家を楽しそうに演じていて、懐かしい。

« 今場所の魁皇 | トップページ | 若松駅(鉄道乗りつくしの旅) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/3475301

この記事へのトラックバック一覧です: 「ルーヴルの怪人」:

« 今場所の魁皇 | トップページ | 若松駅(鉄道乗りつくしの旅) »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon