« 舞台「黒蜥蜴」 | トップページ | レジナルド・ヒル『四月の屍衣』 »

2005/04/14

「アトランティスのこころ」

本日の映画
アトランティスのこころ 特別版
movie-29 「アトランティスのこころ」 Hearts In Atlantis 2001年米
DIR:スコット・ヒックス
CAST:アンソニー・ホプキンス、デヴィッド・モース、ホープ・デイヴィス
STORY:ボビーの元に幼なじみの訃報が届き、生まれ故郷に帰ったボビーは昔を思い出す。父を亡くした11歳のボビーの家の2階に下宿人の老人テッドがやってくる。彼は他人の心を読むことのできる不思議な力を持っていて、それが故に謎の男たちから狙われていた。
☆☆☆☆スティーブン・キング原作の映画としては「スタンド・バイ・ミー」と「グリーンマイル」の系統に属する作品。少年の日々を思い出させる郷愁を誘うという意味では前者、不思議な力を持った人物との交流というストーリーからは後者を連想させる。出演者の静かな演技とともに、静かな感動がわきあがってくる映画。こういう映画に私は弱いらしい。派手なCG映画ばかり見た後は、こんな映画がいいですね。見終わって優しい気分になれること間違いなし。

« 舞台「黒蜥蜴」 | トップページ | レジナルド・ヒル『四月の屍衣』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

nocciさん、こんばんは。

今日、この映画見ました。
私もこのような感じの映画、好きです。
テッドの発言は印象的なものばかりで、何度も心の中で
繰り返し思い出しそうです。
アンソニー・ホプキンスというと「羊たちの沈黙」などの怖い
イメージが私の中では強いので、登場した時はボビーの母親のように“怪しい”と感じてしまいました。
しかし話が進んでいくうちに、そんなイメージも忘れ、
あまり表には出さないけれど、温かいテッドの心がよく
伝わってきて、とても感動しました。

「静かな感動」。
まさに、そのとおりだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/3701688

この記事へのトラックバック一覧です: 「アトランティスのこころ」:

» グリーンマイル [「グリーンマイル」]
グリーンマイルグリーンマイルはスティーヴン・キングが1996年に発表した、死刑囚が収容されている刑務所が舞台とする小説。1999年にトム・ハンクス主演で同名の映画が作られた。アメリカでは(その後日本でも)6冊が毎月一冊ずつ6ヶ月連続で刊行され、話題となった。情報元:Wikipedia...... [続きを読む]

« 舞台「黒蜥蜴」 | トップページ | レジナルド・ヒル『四月の屍衣』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon