« デボラ・クロンビー『警視の愛人』 | トップページ | 『フランスの郷土料理 ツール・ド・グルメ』 »

2005/06/02

「容疑者」

本日の映画
容疑者 デラックス版
movie-43 「容疑者」 City By The Sea 2002年米
DIR:マイケル・ケイトン・ジョーンズ
CAST:ロバート・デニーロ、フランセス・マクドーマンド、ジェームズ・フランコ、ジョージ・ズンザ
STORY:ニューヨーク市警の警部補ビンセント。生まれ故郷のロングビーチで起こったヤクの売人の殺人事件を追ううち、容疑者が離婚した妻との間に生まれた息子ジョーイであることが判明。担当をはずされた直後、パートナーが殺されまたしてもジョーイが容疑者となってしまう。
☆☆☆なんとも重い映画である。ヤク中で成り行きから人を刺してしまった息子と、その息子を追うことになる刑事の父親。父親の悲しい過去も語られ、このまま徹底的に救いのない話で終わってしまうのか?と思うほど(まあアメリカ映画ですからね、それなりの結末でしたけど)。役作りなのか、体重をだいぶ増やしたらしいデニーロが重厚な演技で、またビンセント(デニーロ)の彼女を演じたF・マクドーマンドも疲れた雰囲気がにじみ出る演技でさすが。この2人の場面は特にいい。J・フランコも薬におぼれて絶望的な人生に踏み込んでいってしまう息子を好演していると思う。
決して見ていて楽しい映画ではないけれど、デニーロファンならはずせないだろう。しかし、ビンセントの彼女にしても、ジョーイの彼女にしてもいつの間にか映画から退場していて、父と息子の葛藤を描く映画だとは言っても、その後はどうなったんだろうと気になってしまったのだった。

« デボラ・クロンビー『警視の愛人』 | トップページ | 『フランスの郷土料理 ツール・ド・グルメ』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/4383988

この記事へのトラックバック一覧です: 「容疑者」:

« デボラ・クロンビー『警視の愛人』 | トップページ | 『フランスの郷土料理 ツール・ド・グルメ』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon