« 「タンタンと水色のオレンジ」 | トップページ | 「容疑者」 »

2005/06/01

デボラ・クロンビー『警視の愛人』

本日の本
警視の愛人
book-22 『警視の愛人』 デボラ・クロンビー著 講談社文庫
STORY:キンケイド警視の先輩にあたる警視長が殺害された。被害者の背後を捜査すると悪評ばかりが伝わってくる。そんな中、第2の殺人が・・・
☆☆☆キンケイドシリーズ第4弾。前作でようやく進展したキンケイドと部下のジェマの間柄だが、停滞してしまう。正直言って本筋のミステリーより二人の恋愛の行方の方が気になる本作。もちろん、いつものように二人の地道な捜査によって被害者の行状が暴かれていく様子はおもしろいし(ただし本作では二人が微妙な関係にあるためにぎくしゃくしているが)、ちゃんと最後のどんでん返しも用意されており、まずは安心して読める作品。次作で二人がどうなるのか気になるところ。

« 「タンタンと水色のオレンジ」 | トップページ | 「容疑者」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/4370612

この記事へのトラックバック一覧です: デボラ・クロンビー『警視の愛人』:

« 「タンタンと水色のオレンジ」 | トップページ | 「容疑者」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon