« 「リベリオン」 | トップページ | 国分寺:焼肉工房但馬屋 2 »

2005/07/15

「ロード・トゥ・パーディション」

本日の映画
ロード・トゥ・パーディション〈特別編〉/ミラーズ・クロッシング スペシャルエディション
movie-58 「ロード・トゥ・パーディション」 Road To Perdition 2002年米
DIR:サム・メンデス
CAST:トム・ハンクス、ポール・ニューマン、ジュード・ロー、ダニエル・クレイグ、スタンリー・トゥッチ、ジェニファー・ジェイソン・リー、ディラン・ベイカー
STORY:イリノイ州ロックアイランドのアイルランド系マフィア幹部のマイケル・サリヴァンはボスのルーニーから実の息子のように愛されていた。そんな父をマイケルを快く思わない実子コナーはミスを父から責められ、マイケルへの嫉妬もあって、彼を陥れようとする。
☆☆☆父と子の物語。マイケルとその息子。ルーニーとマイケル。ルーニーとコナーの3つの親子の物語だが、どれも悲しい結末をたどることになる。どの関係についても描き方が少し中途半端な気がして、なかなか感情移入しにくいのが難点だが、一応の感動の場面は用意されている。
P・ニューマンは年とったなあとは思ったが、さすがに貫禄。対して、T・ハンクスはいつも穏和で善人のイメージがあり、いくらひげをはやしても非常なマフィア役には無理があるような・・・
余談ながら、J・ローが正直な髪の量で、あ、これが本当の姿なのね、と思いました(笑)。

« 「リベリオン」 | トップページ | 国分寺:焼肉工房但馬屋 2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/4984237

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロード・トゥ・パーディション」:

» ロード・トゥ・パーディション  ☆☆☆ [チラシコレクション (た〜わ)]
「父は皆、息子にとっての英雄となる。」 「全ての父と子に忘れられない物語がある −2組の父子を通して描く愛の再生と救済 父は息子に何を伝えられるのか−」 監督 サム・メンデス (2002 アメリカ) {/hiyoko_cloud/} この作品の中でピカイチに光っているのは偏執狂がかったジュード・ロウでしょう。ぜひ、彼を見てあげてほしい作品です。 物語はギャング世界の掟と、父と息子の絆を描く人間ドラマ。�... [続きを読む]

« 「リベリオン」 | トップページ | 国分寺:焼肉工房但馬屋 2 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon