« 「狂っちゃいないぜ」 | トップページ | 「アイリスの秋」 »

2005/08/29

コリン・ホルト・ソーヤー『ピーナッツバター殺人事件』

本日の本
ピーナッツバター殺人事件
book-35 『ピーナッツバター殺人事件』 コリン・ホルト・ソーヤー著 創元推理文庫
STORY:列車に轢かれて死んだ男は、高級老人ホーム【海の上のカムデン】の住人の婚約者だった。マルティネス警部補から探りを入れて欲しいと頼まれたカムデンの住人アンジェラとキャレドニアだったが・・・
☆☆☆☆カムデンシリーズ第4弾。見るとただちに買うシリーズの一つ。とにかく、暴走しまくるアンジェラ、キャレドニアをはじめとした老人ホームの住人たちがおかしくて、笑ってしまう。いやしかし、年をとっても、これくらい好奇心旺盛じゃないといけません。是非とも見習いたい。謎自体はそう練られたものではないけれど、登場人物がいきいきしていてとてもおもしろいシリーズだ。

« 「狂っちゃいないぜ」 | トップページ | 「アイリスの秋」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/5698206

この記事へのトラックバック一覧です: コリン・ホルト・ソーヤー『ピーナッツバター殺人事件』:

« 「狂っちゃいないぜ」 | トップページ | 「アイリスの秋」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon