« 「60セカンズ」 | トップページ | 「CUBE」 »

2005/09/07

ジェイニー・ボライソー『しっかりものの老女の死』

本日の本
しっかりものの老女の死
book-36 『しっかりものの老女の死』 ジェイニー・ボライソー著 創元推理文庫
STORY:画家、写真家であるローズの友人の老女ドロシーが急死。警察は自殺として処理しようとするが、ローズは納得できない。またしても事件に首をつっこむことになったローズだが。コンウォールミステリ第2弾。
☆☆☆このシリーズ、イギリス・コンウォール地方の風景が非常にいきいきと描写されていて、目に浮かぶよう。まずこれが一つの魅力。そして、ローズと彼女をとりまく人々の描写もまたいきいきとしていてこれが次の魅力。かつ、ローズが大変なお酒好き(しかもワイン好き)で、これがまた私にとっては魅力(笑)。夫を病気でなくしたローズの恋愛感情については、?と思うところもあるのだが(せっかく前作でいい雰囲気になったピアース警部がかわいそう)、その関係も含めて次作が楽しみである。

« 「60セカンズ」 | トップページ | 「CUBE」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/5822609

この記事へのトラックバック一覧です: ジェイニー・ボライソー『しっかりものの老女の死』:

« 「60セカンズ」 | トップページ | 「CUBE」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon