« 太平燕 | トップページ | 『タンタンとエルジェの秘密』 »

2005/09/19

「ホワット・ライズ・ビニース」

本日の映画
ホワット・ライズ・ビニース 特別編 (初回限定生産)
movie-81 「ホワット・ライズ・ビニース」 What Lies Beneath 2000年米
DIR:ロバート・ゼメキス
CAST:ハリソン・フォード、ミシェル・ファイファー、ダイアナ・スカーウィッド、ジョー・モートン、ミランダ・オットー、ジェームズ・レマー
STORY:クレアは遺伝学の教授である夫ノーマンと湖の畔で静かに暮らしていた。一人娘を大学に送りだしたクレアはぽっかりと心に穴の空いた状態。家の中で奇妙な出来事が起こりはじめ、夫婦仲の悪かった隣家の奥さんが突如消え、クレアの神経は耐えきれなくなってしまう。ノーマンはどれもクレアの妄想だと思うのだが・・・
☆☆☆見始めて、これって「悪魔のような女」?と思ったのだが、違いましたね。そして、隣家に対する疑惑という展開で、また別の映画を思い起こしたのだが、これもまた違う。
正統的なスリラーかと思うとオカルト的要素もあり、方向性がよくわからなくなってしまう。さすがにラストの攻防は盛り上がりを見せるが、そこに至るまでがちょっとかったるい。もう少し展開がスピーディだったらよかったのだが。
M・ファイファーはおびえる演技がなかなかよいが、H・フォードはイメージからするとこの役はいまいち似合っていないと思う。M・ファイファーでもっているようなものだ。
ヒッチコック映画へのオマージュというが、残念ながら及ばない。

« 太平燕 | トップページ | 『タンタンとエルジェの秘密』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/6023000

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホワット・ライズ・ビニース」:

« 太平燕 | トップページ | 『タンタンとエルジェの秘密』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon