« 四ッ谷:東風汁麺屋本店 | トップページ | 「ドン・ファンの冒険」 »

2005/10/20

エラリー・クイーン

1975年にアメリカで、日本では1978年に放映されたという幻のテレビシリーズ「エラリー・クイーン」がミステリーチャンネルで始まった。ずっと見たいと思っていたシリーズがようやく見られるということでワクワク。
主演はジム・ハットン。私的には、昔ファンだったティモシー・ハットン(「普通の人々」でアカデミー賞助演男優賞)のお父さんとしてインプットされていた俳優。はじめて見たのだけれど、息子にそっくり。顔の輪郭、鼻の形、笑った顔も・・・
話がそれたけれど、製作はあのコロンボシリーズを手がけたR・レビンソン&W・リンクのコンビ。音楽はエルマー・バーンスタインと豪華な組み合わせ。
謎解きの前にこちらに向かって、さあ犯人は誰でどうやって殺したのでしょう?などと挑戦するところなど、ミステリーファンの心をくすぐる、うれしい作りだ。
第1回は「奇妙なお茶会の冒険」。昔々読んだハズなのだが、題名だけしか覚えていなかったのが悲しい。

« 四ッ谷:東風汁麺屋本店 | トップページ | 「ドン・ファンの冒険」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/6490914

この記事へのトラックバック一覧です: エラリー・クイーン:

« 四ッ谷:東風汁麺屋本店 | トップページ | 「ドン・ファンの冒険」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon