« yonda?ブックチャーム | トップページ | 「ブリジット・ジョーンズの日記」 »

2005/10/30

ダルグリッシュ警視シリーズ「ナイチンゲールの屍衣」

Shroud for a Nightingale (3pc)
ダルグリッシュ警視シリーズ第2弾は、「ナイチンゲールの屍衣」(Shroud For a Nightingale)全4時間。

STORYは
事情聴取のためダルグリッシュ警視が訪れていたジョン・カーペンター病院で、実技授業中の看護学生が毒殺され、続いてやはり毒を盛られた学生が死体で見つかる。事情聴取を行っていた男が手術後死ぬが、彼が病院内の人物の過去の秘密を知っていたことが明らかに・・・
というもの。

つい最近、本でも読んだところだが、原作を少々はしょっている箇所もあるが、おおむね忠実。しかし、原作を厳密に再現するには4時間という長い枠でも足りなかったようだ。
ダルグリッシュ警視は、じわじわと真相に迫っていくタイプの探偵だが、ちょっと考えすぎじゃないの?と思える場面も。ゆったりとしたミステリーなので、ドンパチが激しいアメリカ的な刑事ドラマが大好きという人にはきついかも。

« yonda?ブックチャーム | トップページ | 「ブリジット・ジョーンズの日記」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/6764206

この記事へのトラックバック一覧です: ダルグリッシュ警視シリーズ「ナイチンゲールの屍衣」:

« yonda?ブックチャーム | トップページ | 「ブリジット・ジョーンズの日記」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon