« 「サイン」 | トップページ | マドンナ『Confessions on a Dance Floor』 »

2005/12/14

「戦場のピアニスト」

本日の映画
戦場のピアニスト
movie-109 「戦場のピアニスト」 The Pianist 2002年仏独英ポーランド
DIR:ロマン・ポランスキー
CAST:エイドリアン・ブロディ、トーマス・クレッチマン、フランク・フィンレイ
STORY:ワルシャワのピアニスト、ウワディク・シュピルマン。1939年9月、ナチスドイツの侵攻とともに、ユダヤ人だったシュピルマン家はゲットーに強制移住させられる。やがてユダヤ人たちが収容所へと向かう列車に乗せられるが、ウワディクを逃がしてくれた男がいた。安全な場所を求めてウワディクだが・・・
☆☆☆☆☆ポーランドの戦火を奇跡的に生き延びた実在のピアニストのお話。淡々と物語は進んでいくが、非常に重い。実話というのがすごい。
何が人間の運命を決めるのか本当にわからない。ウワディクもピアニストでなかったら、そしてあの知り合いがいなかったら、あの時ああいう判断をしなかったら・・・どうなっていただろう。ウワディクを助けたドイツ人将校のその後も、悲しいことだが運命だったのだろう。人の力が及ばない何物かを感じずにはいられない。戦争の悲惨さが浮かび上がってくる作品。
ポランスキー監督の作品は決して得意ではないけれど(「ローズマリーの赤ちゃん」「テス」「チャイナタウン」などはいいと思うが)、この作品は今までで一番気に入った作品となった。自らもゲットーで過ごしたことがあるというポランスキー監督の集大成といってもいいかもしれない。

« 「サイン」 | トップページ | マドンナ『Confessions on a Dance Floor』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/7621661

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦場のピアニスト」:

» 戦場のピアニスト(ネタバレなし) [沖縄移住日記☆沖縄南風便り☆]
きのう寒かったですね~ ぴゅ~ぴゅ~風が吹いてこわかったです 沖縄でも部屋の中、手が青くなってました、寒くて 内地はものすごく寒かったんでしょうね。 あ~こわい。 最近観た映画。 戦争は本当に嫌だ、人権って何?って、あらためて思わされ..... [続きを読む]

« 「サイン」 | トップページ | マドンナ『Confessions on a Dance Floor』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon