« 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」 | トップページ | 「タイムマシン」 »

2005/12/06

「トゥルー・クライム」

本日の映画
トゥルー・クライム 特別版
movie-105 「トゥルー・クライム」 True Crime 1999年米
DIR:クリント・イーストウッド
CAST:クリント・イーストウッド、イサイア・ワシントン、ジェームズ・ウッズ、デニス・リアリー、ダイアン・ヴェノーラ、ディナ・イーストウッド、ルーシー・アレクシス・リュー、フランチェスカ・フィッシャー・イーストウッド
STORY:オークランドの記者エベレットは事故死した同僚にかわり、死刑執行前の死刑囚の最後の取材を行うことになるが、彼が無実であることを確信する。事件をあらためて洗い直すエベレットだが、残された時間はわずかだった。
☆☆☆タイムリミットまで12時間!冤罪事件をおう地元新聞の記者の活躍は、特にもう死刑執行前数十分というところで大いに盛り上がる。似たようなストーリーはいくつか見たことがあるけれど、サスペンスは十分。
が、主人公の性格がいただけないんですねー。極めつけの女ったらし。事件解決後、奥さんにもあいそをつかれても(まだ有名になる前の)リューシー・リューをくどいたりしてまったくこりない(笑)。この主人公と女性のからみがなかったら、もっとタイトでいい映画になったのに・・・
原作はアンドリュー・クラヴァン著「真夜中の死線」。未読だが、原作でも主人公はアル中で女ったらしのダメ男なんだろうか?

« 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」 | トップページ | 「タイムマシン」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
TB&コメントありがとうございました!
原作でも主人公はダメ男でした(笑)。
でも映画よりも原作の方が断然スピード感が感じられて面白かったですよ~。

nocciさんはじめまして^^

TB頂きました。こちらのTBさせて頂こうとしましたら、niftyさん重くてが3つも入ってしまい申し訳ありませんでした削除お願い致します。

クリント・イーストウッドの娘さんとは‥それは知りませんでした!そうだったんですか(^^;;彼が監督の映画はつい観てしまいますが何処か無理があるのが特徴だと最近感じています。偉大な俳優の成せる業なのでしょうか。

しゃおさん、コメントありがとうございます。
原作の方がやっぱりおもしろいんですね。キース・ピーターソン名義の本は数冊読んだことがあるのですが、アンドリュー・クラヴァン名義の本は読んだことがありませんでした。今度読んでみます!

amiさん、コメントありがとうございます。
イーストウッドの監督作品、たくさんありますが、あたりはずれも若干あるような・・・音楽のセンスなんかは好きですが。あ、でもやっぱりついつい観てしまいますね。
nifty、最近ホント重いですね。特に夜遅くは・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/7497381

この記事へのトラックバック一覧です: 「トゥルー・クライム」:

» 映画『トゥルー・クライム』と原作『真夜中の死線』 [固ゆで卵で行こう!]
『トゥルー・クライム』 『トゥルー・クライム』は、アンドリュー・クラヴァンの『真夜中の死線』を原作にクリント・イーストウッド主演で自らが監督を手掛けたサスペンス映画。 原作についてはこちらの記事 を読んで欲しいが、原作を先に読んで夢中になった... [続きを読む]

» True Crime『トゥルー・クライム』 [夜ざくら]
amazon.co.jp 1999年/アメリカ/★☆☆死刑執行まであと12時間 [続きを読む]

« 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」 | トップページ | 「タイムマシン」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon