« 四ッ谷:のらや | トップページ | 立川:熊本黒ラーメン 好来 »

2006/01/13

エリザベス・ジョージ『罪深き絆』

本日の本
book-1 『罪深き絆』上・下 エリザベス・ジョージ著 ハヤカワ・ミステリ文庫

STORY:ランカシャーのとある村で牧師が亡くなった。死ぬ前に彼はジュリエットという女性の家で食事をしており、料理に毒そうが混じっていたのだ。彼女は事故を主張するが、薬草に詳しい彼女が故意にやったのではと疑われる。牧師を訪ねたデボラとセント・ジェームズに請われ、事件にかかわるリンリーだが。

☆☆☆いつか、上下巻になるなと思っていたが、やっぱり・・・作家って書いているうちにより長く書きたくなるのだろうか。しかし、これはちょっと長すぎるという印象。上巻はすらすら読めたのに、下巻に入ったらペースが落ちてしまって、結構大変だった。もう少しそぎおとしてもよかったのでは、と思う。もしかすると、今回の作品はレギュラー陣(リンリー警部、ハヴァーズ巡査部長、デボラとセント・ジェームズ夫妻、ヘレン)に割くわりあいが減ったため、私にとって読みにくかったのかもしれない。なんだかんだ言って、レギュラー陣の動向が気になるのである。特に、ハヴァーズの出番が少なく、なんとなくパンチが足りない気も。
ストーリーとしては、フー・ダニットよりはなぜ、このような事件が起きたのか、ということに主眼がおかれていて、そういった意味では第1作の「大いなる救い」に似た感じがする。
例によって、実に暗いお話で、読んだあとずっしりくる。

4150798532罪深き絆〈上〉
エリザベス ジョージ Elizabeth George 松本 みどり
早川書房 1996-04

by G-Tools


4150798540罪深き絆〈下〉
エリザベス ジョージ Elizabeth George 松本 みどり
早川書房 1996-04

by G-Tools

« 四ッ谷:のらや | トップページ | 立川:熊本黒ラーメン 好来 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/8147350

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベス・ジョージ『罪深き絆』:

« 四ッ谷:のらや | トップページ | 立川:熊本黒ラーメン 好来 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon