« 四ッ谷:カレーカフェ さふらん | トップページ | 味の素アジアめん »

2006/01/28

「恋の骨折り損」

本日の映画
恋の骨折り損
movie-6 「恋の骨折り損」 Love's Labour's Lost 1999年英

DIR:ケネス・ブラナー
CAST:ケネス・ブラナー、アレッサンドロ・ニヴォラ、アリシア・シルヴァーストーン、ナターシャ・マケルホーン、マシュー・リラード、エイドリアン・レスター、ティモシー・スポール、ネイサン・レイン
STORY:ナヴァール国王と3人の友人達は、3年間は「3時間しか眠らない、週に一度の断食をする、女性と会わない」という誓いをたてる。そんな折、フランスの王女が3人のおつきの美女を伴いナヴァールへやってきた。国王と友人達は誓いもどこへやら、一目で恋におちてしまう。

☆☆☆K・ブラナーが監督、主演、製作、脚色の4役をこなし、時代を第2次世界大戦前夜におきかえた、シェークスピア喜劇の映画化。見始めた途端、おや?国王と3人の友人達が歌い、踊り出す。なんと、知らなかったがミュージカルだったのだ。ミュージカルファンの私としてはうれしい驚き。
しかも、曲は「チーク・トゥ・チーク」「ショウほど素敵な商売はない」他、ガーシュイン、コール・ポーター、アーヴィング・バーリン、ジェローム・カーンなどの往年のミュージカルの有名な曲ばかりで楽しくなってしまう。

シェイクスピアの小難しい台詞の途中で、突然踊り歌い出すと、なんか不思議な感じもするが、それほど違和感はないのだった。ただ・・・みなさん、歌やダンスのプロではない役者さんが多いのか、特にダンスがぎこちなくて苦笑。やはり踊る人はフレッド・アステアほどでなくとも身軽に踊ってほしいと思うのだが、特にK・ブラナーが重い感じなのだ。まあ、本人楽しそうなので、それもご愛敬だが。

時代を置き換えたのは、ミュージカルシーンを入れるためなのか、ラストで戦争の場面が出てくると、シェークスピアっぽくなくなってしまうのが苦しいところ。それに、A・シルヴァーストーン、がんばってはいるけれど、絶対フランスの王女に見えない(どっから見てもアメリカの女の子だ)!

« 四ッ谷:カレーカフェ さふらん | トップページ | 味の素アジアめん »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TBとコメントありがとうございました。
ケネス・ブラナーのダンス、たしかに重たい感じでした(笑)。
シェイクスピアとミュージカルという取り合わせが面白かったので、シリーズ化してほしいです。(喜劇だけではなくて悲劇も)

TB&コメントありがとうございます。
シェークスピアのミュージカル化、古典の堅苦しさがなくなっていいかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/8385881

この記事へのトラックバック一覧です: 「恋の骨折り損」:

» 「恋の骨折り損」 [Beer and Tomato]
恋の骨折り損 / PI,ASM ISBN : B00005QYN8 恋の骨折り損 (1999) LOVE'S LABOUR'S LOST 監督・脚色:ケネス・ブラナー 原作:ウィリアム・シェイクスピア 撮影:アレックス・トムソン 音楽:パトリック・ドイル 出演:ケネス・ブラナー、アレッサンドロ・ニヴォラ、ナターシャ・マケルホーン、アリシア・シルヴァーストーン、マシュー・リラード、エイドリアン・レスター <ストーリー紹介> allcinema ONLINE 映画データベー... [続きを読む]

« 四ッ谷:カレーカフェ さふらん | トップページ | 味の素アジアめん »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon