« アカデミー賞ノミネート | トップページ | はじめての恵方巻 »

2006/02/02

「インソムニア」

本日の映画
インソムニア
movie-8 「インソムニア」 Insomnia 2002年米

DIR:クリストファー・ノーラン
CAST:アル・パチーノ、ロビン・ウィリアムズ、ヒラリー・スワンク、モーラ・ティアニー、マーティン・ドノヴァン、ニッキー・カット、ポール・ドゥーリィ
STORY:太陽の沈まない町、アラスカ・ナイトミュート。少女の変死体が発見され、ロス市警からドーマーとハップが派遣されてくる。犯人のおびきだしに成功するドーマーだが、深い霧の中、彼は相棒のハップを射殺してしまう。その事実を隠したドーマーは白夜もあって不眠症に陥っていまう。やがてドーマーに犯人からの電話が・・・

☆☆☆☆白夜のアラスカの風景がすばらしい。

陽が沈まない一日明るい世界なのに、どんよりと霧がたちこめる感じで、冒頭から不安を感じさせるスタート。飛行機を降り立った、ドーマーは疲れ切った様子で、出迎えた女性刑事エリー(彼女は有名な警官ドーマーに会えるのがうれしくてたまらい)と好対照。

やがて、ドーマーは相棒を射殺してしまい、不眠から次第に精神状態がおかしくなっていく。内務観察に協力しようとしていた相棒を射殺してしまったのは、過失なのか、それとも故意がまじっていたのか?ドーマーもだんだんとわからなくなっていくのだが、見ているこちらも、次第にわからなくなってくる。インソムニア(不眠症)という設定が非常によく効いている。

この作品、アカデミー賞受賞者3人の共演という、豪華な配役なのだが・・・
アル・パチーノはくたびれきった主人公のあせりを演じてやはりうまい。ロビン・ウィリアムズは、ほとんど同時期に出演した「ストーカー」の主人公に通じる役柄だが、やっぱりこの人、シリアスな役よりユーモアのある楽しい役の方が似合っている気がする。この映画でも、ロビンが姿を見せず声だけの時はよかったのだが、姿を現した途端違和感を感じてしまった。H・スワンクはサバサバしたボーイッシュな役がよく似合うので、エリー役にはぴったり。

冒頭からラストまで、緊迫感のある映画だった。オリジナルのノルウェー映画も是非見たみたい。

« アカデミー賞ノミネート | トップページ | はじめての恵方巻 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/8469763

この記事へのトラックバック一覧です: 「インソムニア」:

« アカデミー賞ノミネート | トップページ | はじめての恵方巻 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon