« 「チャーリーズエンジェル・フルスロットル」 | トップページ | 「炎のメモリアル」 »

2006/02/09

「ブロンド・ライフ」

本日の映画
ブロンド・ライフ
movie-10 「ブロンド・ライフ」 Life Or Something Like It 2002年米
DIR:スティーヴン・ヘレク
CAST:アンジェリーナ・ジョリー、エドワード・バーンズ、トニー・シャーローブ、ストッカード・チャニング
STORY:シアトルローカル局の人気レポーター、レイニーは大リーガーの恋人をもち、豪華なマンションに住み、幸せだった。ニューヨークの大手局のカメラマンと組んで仕事をすることになったレイニーだが、カメラマンは元恋人でうまくいかない。ある日、自称予言者のホームレスにマイクを向けると、一週間後に死ぬと言われ、とりあわない彼女だったが・・・

☆☆☆はじめのA・ジョリー登場シーンで、なんだこれーと思った。ブロンドがまったく似合わないのだ!ずっと、似合わん、と思って見ていたので、最後まで違和感が・・・弱みも見せる役というところも似つかわしくない。こういう役どころも似合うようになれるかどうか、今後の課題かもしれない。

ローリングストーンズのサティスファクションを歌う場面(ストを決行するバスの運転手たちと歌う場面とラストの場面)など盛り上がる場面もあるのだが、全体的には元恋人とのロマンスなんだか、死を宣告された女性の心の動きを描いたんだか、ちょっと中途半端でなかなか盛り上がりそうで盛り上がらない映画だった。多分、突っ走っていた人生を、ふと立ち止まって考えてみよう、というメッセージが込められている映画なんだと思うが。「今日が人生最後の日と思って生きたい」という主人公の最後の台詞には共感する。

誰か別の女優さんの方がよかったと思うが・・・(笑)

« 「チャーリーズエンジェル・フルスロットル」 | トップページ | 「炎のメモリアル」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/8584022

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブロンド・ライフ」:

« 「チャーリーズエンジェル・フルスロットル」 | トップページ | 「炎のメモリアル」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon