« 吉谷桂子・吉谷博光『イギリス的「優雅な貧乏暮らし」の楽しみ』 | トップページ | カエラ卒業 »

2006/03/30

オペラ「運命の力」

opera-2 「運命の力」 新国立劇場
060330
指揮:井上道義
CAST:アンナ・シャファジンスカヤ、ロバート・ディーン・スミス、クリストファー・ロバートソン、坂本朱、ユルキ・コルホーネン
STORY:公爵の娘レオノーラは恋人アルヴァーロと駆け落ちしようとするが、とめようとした公爵をあやまってアルヴァーロが殺してしまい、2人は逃走する。レオノーラは修道院にかくまわれ、彼女が死んだと思ったアルヴァーロは軍隊に入り前線で戦っていた。偽名を名乗るレオノーラの兄カルロとアルヴァーロは互いを知らずに友情を誓い合うが、やがて正体を見破ったカルロは決闘を申し込む。

今年2本目のオペラはマチネ。
オペラのチケットを見せると無料という、森英恵展を見て(豪華な衣装ばかりでため息がでます)からホールへ。

全4幕で、2幕終了後休憩をはさみ(昼間だというのにワインをいただきました)、3時間20分ほどの上演。おなじみの序曲から舞台ははじまる。

のっけから、ヒロイン役のアンナ・シャファジンスカヤが素晴らしくて、ぐっと引き込まれる。声量もあり、よく通る声で、感情表現も豊か。第2幕では特に見せ場が多く、魅入ってしまった。ジプシーのプレツィオジッラ役の坂本朱もおもしろい個性を出そうとはしているけれど、比較してしまうと若干物足りなさも・・・

第3幕ではアルヴァーロ役のR・D・スミスのテノールと、カルロ役のC・ロバートソンのかけあいも絶妙で、一気に悲劇的な4幕へ。ドラマティックなヴェルディの音楽も手伝って、感動的なラストだった。大いに拍手を送った(やはり一番拍手が多く、声もかかったのがシャファジンスカヤさん)。

舞台美術も素晴らしい。空間の使い方がうまいし、色調もきれい。
大満足のオペラだった。

次は何を観ようかな?

« 吉谷桂子・吉谷博光『イギリス的「優雅な貧乏暮らし」の楽しみ』 | トップページ | カエラ卒業 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/9341684

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ「運命の力」:

« 吉谷桂子・吉谷博光『イギリス的「優雅な貧乏暮らし」の楽しみ』 | トップページ | カエラ卒業 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon