« 吉祥寺:オオサワ | トップページ | 「アメリ」 »

2006/04/10

マイケル・ボンド『パンプルムース氏と飛行船』

本日の本
パンプルムース氏と飛行船
book-13 『パンプルムース氏と飛行船』 マイケル・ボンド著 創元推理文庫

STORY:元刑事でグルメガイド覆面調査員のパンプルムース氏は、休暇中呼び出され、英仏間を結ぶ飛行船の就航記念メニューを作るべくブルターニュへと向かう。向かう途中でサーカスのブランコ乗りと知り合うが、彼女はその晩落下、意識不明で病院に運ばれてしまう。

☆☆☆パンプルムース氏シリーズ第5弾。
おなじみ、パ氏が愛犬ポムフリットともに、珍道中を繰り返しつつ、いつのまにやら(?)事件を解決する、というライトミステリ。
いつものごとく、ちょっと捻りの利いたユーモアが楽しい。ただ、今回は、パ氏が編集長の陰謀で、まずい料理を出すホテルへと送り込まれてしまったこともあり、それほど、おいしそうな食事風景がなかったのが残念。
編集長がお茶目な面を見せるなど、いつもと違った趣向もあるのだが・・・

« 吉祥寺:オオサワ | トップページ | 「アメリ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/9527331

この記事へのトラックバック一覧です: マイケル・ボンド『パンプルムース氏と飛行船』:

« 吉祥寺:オオサワ | トップページ | 「アメリ」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon