« マイケル・ボンド『パンプルムース氏と飛行船』 | トップページ | 「ロング・エンゲージメント」 »

2006/04/11

「アメリ」

本日の映画
movie-30 「アメリ」 Le Fabuleux Destin D'amelie Poulain 2001年仏
アメリ
DIR:ジャン=ピエール・ジュネ
CAST:オドレイ・トトゥ、マチュー・カソビッツ、ヨランド・モロー
STORY:幼い頃から空想好きだったアメリ。モンマルトルのカフェで働く22歳のアメリは、ある出来事をきっかけとして、密かに他人を幸せにすることに喜びを見いだす。やがて、彼女は奇妙な青年ニノに一目惚れし・・・

☆☆☆この映画、実はずっと見るのを避けてきた。というのも、主人公アメリが思いこみの激しい女の子だと何かで読んで、苦手だ、そういうの、と思ったから。しかし、「ロング・エンゲージメント」は見てみたいと思ったのと、A・トトゥが「ダヴィンチ・コード」に出演しているとのことで、これはまず出世作を見てみなければと思った次第。

で、見てみると・・・確かに思いこみが激しい女の子。偶然、アパートの部屋の壁の向こうで見つけた缶を、持ち主に返してあげたところ、とっても喜んでくれたという事件をきっかけに、人知れず他人を幸せにしようと、あれこれ仕掛けるのだ。それが、その人にとって幸せであると思いこんで・・・はっきりいって、お節介!嫌な奴には徹底的に悪戯を仕掛けるという、やりすぎと思えることも。はじめのうちには、やっぱりやだな、こんな主人公と思っていたが、だんだんとほほえましくなってくるので不思議だ。それもこれも、A・トトゥのとっても不思議な魅力によるもの。トトゥが好きになれない、という人にはこの映画はつまらないと思うが、トトゥが魅力的と思える人には楽しい映画となるだろう(多分好き嫌いがはっきりわかれるのだろう、こういう映画は。アメリのまわりの人物も変人ばかりだし)。

モンマルトル他パリの風景もいいし、カラフルな映像もきれい。

マチュー・カソビッツは監督作品の方がなじみがあるのだが、役者としてもいいではないですか!一風変わったやさしげな青年を好演。他の作品も見てみよう。

結論:映画は喰わず嫌いはいけません。

« マイケル・ボンド『パンプルムース氏と飛行船』 | トップページ | 「ロング・エンゲージメント」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私も、本作を観る前はnocciさんと同じ印象でした~♪
ところが実際に鑑賞すると、これがまたオドレイが可愛い!
つまり・・・アメリちゃんが素敵☆
nocciさんオドレイが主演する『ダ・ヴィンチ・コード』は観ますか?
私ね観たいんですよねぇ~♪

こんばんは、なぎささん。コメント&TBありがとうございます。
オドレイ、ホントに素敵な魅力の持ち主ですよね。
「ダ・ヴィンチ・コード」、是非是非見たいです!私、ジャン・レノの大ファンでもあるので・・・あとは、映画館に行く時間をどう捻出するか・・・です(涙)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/9540011

この記事へのトラックバック一覧です: 「アメリ」:

» アメリ [UkiUkiれいんぼーデイ]
深夜TV放映で観賞。 ず〜っと観たいと思いつつ逃していたら、ラッキーにもTV放映してくれて。[:拍手:] 公開当時、すごい話題になってましたよね! アメリ・プーラン(オドレイ・トトゥ)の好きなこと・・・ 映画を観ている人たちの顔を見ること。 石を水辺に投げる「石切り」遊び。 お店の人の目を盗んで、そっと豆の袋に手を突っ込むこと。 それから、クレーム・ブリュレのおこげをスプーンで割ること。 人との付き合いがちょっと苦手で空想が好きな女の子が、自分の周りにいる「毎日が... [続きを読む]

« マイケル・ボンド『パンプルムース氏と飛行船』 | トップページ | 「ロング・エンゲージメント」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon