« 那須旅行2日目 | トップページ | 「オールド・ボーイ」 »

2006/05/08

マイケル・ボンド『パンプルムース氏の晩餐会』

本日の本
パンプルムース氏の晩餐会
book-19 『パンプルムース氏の晩餐会』 マイケル・ボンド著 創元推理文庫

STORY:元刑事でグルメガイド覆面調査員のパンプルムース氏。アメリカのミステリー作家6人のイベントツアーのお供でヴィシーにやってきたパ氏だが、作家の1人が謎の言葉を残して死亡。ダルタニアンに扮装し、仮装晩餐会に望んだパ氏だったが・・・

☆☆☆パンプルムース氏シリーズ第7弾。

再びパリを離れたパ氏の活躍ぶりが楽しいが、題名にあるように、晩餐会の食事がとにかくおいしそうで、おいしそうで・・・いつもこのシリーズを読むと涎が垂れそうだ。

今回は、かなり本格ミステリに近く、めずらしいことにどんでん返しまであったりしてちょっと感心。このシリーズ、ユーモアミステリではあるけれど、段々と本格化しているようだ。

今まで、せいぜい電話の声でしか登場しなかったパ氏の愛妻(?)ドゥーセットも登場。登場場面は少ないながら新たなキャラとして笑いを誘う。

これで翻訳されたシリーズを全部読んだことになるが、早く次が翻訳されないだろうか・・・

« 那須旅行2日目 | トップページ | 「オールド・ボーイ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/9964705

この記事へのトラックバック一覧です: マイケル・ボンド『パンプルムース氏の晩餐会』:

« 那須旅行2日目 | トップページ | 「オールド・ボーイ」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon