« マイケル・ボンド『パンプルムース氏の晩餐会』 | トップページ | 「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」 »

2006/05/09

「オールド・ボーイ」

本日の映画
オールド・ボーイ スタンダード・エディション
movie-39 「オールド・ボーイ」 Oldboy 2003年韓

DIR:パク・チャヌク
CAST:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン
STORY:妻子ある平凡なサラリーマンのオ・デス。ある日、突然何者かに誘拐され、監禁されてしまう。15年後突然解放されたデスは、知り合った女性ミドの助けを借りて、監禁した相手の正体をつきとめようとする。

☆☆☆ワタクシは、韓国映画をたった1本しか見たことがない。「シュリ」である。
そんな韓国映画の超初心者のワタクシがなぜこの映画を見ようと思ったのか?それは、タランティーノが絶賛したと聞いたからと、予告編を見てとてつもないサスペンスではないか?と思ったから。

見てみると、なるほど、タランティーノが好きそうな映画だ(笑)。グロい映画なんである(エロの要素もあり)。実際、サスペンス、スリラー、ミステリー命ではあるが、あまりに過激なバイオレンスシーンは若干苦手なワタクシは、何回か早回しをしてしまったのだった。

なぜデスは監禁されなければならなかったのか?なぜデスは15年後に解放されたのか?デスを監禁したのは誰なのか?という謎のうち、一つについては途中でなんとなくわかったしまったのだが、結構衝撃の結末であった。
15年の監禁ののちに、何かに取り憑かれたように復讐をとげようとするデスも鬼気迫るものがあったが、監禁した犯人も、あれだけ遠大な計画のうちにデスを陥れようとしたわけで恐い。というか、哀れですらある。

決して後味のいい作品ではないけれど、韓国映画も無視はできないぞ、と思わせてくれた作品。他にも韓国映画でおもしろそうなサスペンス、スリラー、ミステリーがあったら見てみよう。おすすめがあったら是非教えて下さい。

ハリウッドでリメイクされるらしいが、どちらかというとフランス映画向きのような・・・

« マイケル・ボンド『パンプルムース氏の晩餐会』 | トップページ | 「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

nocciさん、ちょっとご無沙汰していました~♪
これご覧になられたのですね!
すっごくグロイしエロイけど、けど、良いでしょ~!
私も最近はすっかり韓国映画に、ドップリはまってます~☆
本作は、復讐3部作になってるみたいですよ。
『親切なクムジャさん』と『復讐者に憐れみを』と、この本作。
これ以外は私も未観なのですが、韓国映画は俳優さんも素敵ですし、ぜひ、他の作品もご覧になってみてください!

こんばんは、なぎささん。コメント&TBありがとうございます。
「親切なクムジャさん」はCMで何度となく見たので知っていましたが、「復讐者に憐れみを」は知りませんでした。手始めに、DVDの予約を入れておきましょう。
なにせ、韓国映画初心者ですので、また教えて下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/9995351

この記事へのトラックバック一覧です: 「オールド・ボーイ」:

» オールド・ボーイ [UkiUkiれいんぼーデイ]
『オールド・ボーイ』公式ホームページ←クリック この作品、まだご覧になってない方、オススメします! ひやぁ〜、また私の中の“ごっつい強烈作品”がひとつ増えました。[:拍手:] チェ・ミンシクssi モッチダ!(素晴らしい!) でもこれ『結末は他言無用!』でして、言っちゃっちゃ〜面白くないので口チャック[:モゴモゴ:] でもそれじゃ感想がUPできませんので、差し支えない程度に・・・。 とにかく“痛いシーン”が多々ありますのでご注意[:!:] 私はそれが苦手... [続きを読む]

« マイケル・ボンド『パンプルムース氏の晩餐会』 | トップページ | 「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon