« 「ニキ・ド・サンファル」展 「雪舟からポロックまで」展 | トップページ | ダン・ブラウン『ダ・ヴィンチ・コード』 »

2006/05/21

神田小川町:刀削麺荘

0605211

前々から食べたいと思っていた刀削麺。
東京駅近辺に行くついでにと思って昼食を食べに寄ってみたお店が、刀削麺荘(神田小川町店)。

ワタクシが頼んだのは、ネギとチャーシューのせ(680円)、同居人が頼んだのはスペアリブのせ(880円)。
ネギとチャーシューのせは、ネギと細かく切ったチャーシューの辛みあえがのっているもの。はじめは別に辛くないなあと思ったが、あとからじわじわとくる(でもいい辛さ)。スペアリブのせは、八角で煮たと思われる大きなスペアリブがのっていて、汁にも肉の旨みが出ていてなかなよい(八角嫌いの人にはムリ)。

麺は、もっと短いのかと思っていたが、案外長く削れるものですね。もちもちした麺だ。厨房がちらっと見えたのだが、実にリズミカルに、そしてかなりのスピードで麺を削る模様。

このお店の刀削麺、どれもパクチーがのっかっているが、嫌いな方は、あらかじめ言えばのぞいてくれるそうだ。でもいいアクセントになっているので、特にキライでない方はのせてあった方がよいと思う。

一瞬、マーラー刀削麺を注文しようかとも思ったが、辛み3つ星印だったのでやめておいた(ネギとチャーシューのせは2つ星)。相当辛そうだったので、胃弱なワタクシとしてはやめておいてよかったと思う。

西安料理のお店ということで、マトン料理とか、ギョーザ、饅頭などおいしそうなものがいっぱい。夜も是非食べにいってみたいものだ。

東京都千代田区神田小川町1-10-3
刀削麺荘 神田小川町店

« 「ニキ・ド・サンファル」展 「雪舟からポロックまで」展 | トップページ | ダン・ブラウン『ダ・ヴィンチ・コード』 »

グルメ(上野~東京)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/10178224

この記事へのトラックバック一覧です: 神田小川町:刀削麺荘:

« 「ニキ・ド・サンファル」展 「雪舟からポロックまで」展 | トップページ | ダン・ブラウン『ダ・ヴィンチ・コード』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon