« サブウェイ開店 | トップページ | 初ジャイアントコーン »

2006/06/29

「ダーク・ウォーター」

本日の映画
ダーク・ウォーター プレミアム・エディション (初回限定生産)
movie-55 「ダーク・ウォーター」 Dark Water 2004年米

DIR:ウォルター・サレス
CAST:ジェニファー・コネリー、アリエル・ゲイド、ジョン・C・ライリー、ティム・ロス、ピート・ポスルスウェイト、ダグレー・スコット
STORY:離婚調停中のダリアは、5歳の娘セシリアとニューヨーク・ルーズベルト島の古いアパートへと越してきた。なんとなく暗いアパートだったが家賃が安いのが魅力だった。ところが寝室の天井から黒い水がもり、次第にひどくなっていく。セシリアが空想上の友達と話しをしたり、階上で音がしたりと、ダリアは不安を募らせていく。

☆☆☆日本映画「仄暗い水の底から」(原作は鈴木光司)のハリウッド・リメイク。最近、ホントに日本ホラーのリメイクがはやってますね。ちなみに、ワタクシ、日本のオリジナルは観ておりません。

のっけから雨のシーンが続き、画面も暗く、なんとなく何かが起こりそうな雰囲気。主人公が越してきたアパートも全体的に暗く、管理人も不気味(P・ポスルスウェイトが気味悪い)。じわじわと不安感が募っていく。

この話は幽霊話なのか?主人公を陥れようとする夫の陰謀話なのか?
と見ていくうちに、主人公の弁護士(ひげ面のT・ロス。はじめ、誰かと思った・・・)の謎解きで一件落着。ホッとして、残りあと15分弱のところで、ショッキングな展開。悲しい結末なのだが、感動的でもあった。母の娘への思いがあふれる結末である。

J・コネリーは、子供の頃の精神的虐待というトラウマを抱え、親権争いにもくたびれて、次第に追いつめられていく主人公を熱演。いつも思い詰めたような表情が、この映画にぴったり(まゆげ太いなあ(笑))。他、J・C・ライリー、P・ポスルウェイト、T・ロス、D・スコット(この人こんなに目つき悪かったっけ?)など、くせ者男優を集め、申し分ない配役。

日本のホラーリメイクでいえば、「リング」よりいい出来だと思う。単なる怖がらせだけのホラーでないというところが気に入りました。

« サブウェイ開店 | トップページ | 初ジャイアントコーン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

初めまして、TB返してくれてありがとう

私はオリジナルも見てるのですがnocciさんと同じく怖がらせるだけの
ホラーではないとこが気に入りました。
幽霊ものでありながら親と子供の関係を描いているあたりは
見事でした。
全体的にじめじめした空間ですがジャパニーズホラーらしくて良いです
アパートはオリジナルに忠実なセットだそうで良くやってくれてます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/10728142

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダーク・ウォーター」 :

» 『ダークウォーター』 主演:ジェニファー・コネリー [La.La.La]
黒木瞳主演で映画化された鈴木光司原作の「仄暗い水の底から」 のハリウッドリメイク作品です。 主演はジェニファー・コネリーで黒木瞳さんのファンの方には申し訳な いけどめちゃくちゃ綺麗でした。 演技もすばらしく夫との親権争いにつかれアパートの不可思議な現 象振り回されながらも娘を思う気持ちをしっかり演じていました。 ストーリーはオリジナルと全く同じです。オリジナルファンの人には物足 りないという人もいるかもしれな... [続きを読む]

« サブウェイ開店 | トップページ | 初ジャイアントコーン »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon