« canonPIXUSip7500 | トップページ | スー・グラフトン『悪意のM』 »

2006/06/05

「クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち」

本日の映画
クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち スタンダード・エディション
movie-44 「クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち」 Les Rivieres Pourpres2-Les Anges De L'apocalypse 2004年仏

DIR:オリヴィエ・ダアン
CAST:ジャン・レノ、ブノワ・マジメル、クリストファー・リー、カミーヌ・ナッタ、ジ
ョニー・アリディ
STORY:ある修道院で壁のキリスト像から血が流れ出すという事件が起き、パリから派遣されたニーマンス警視はやがて壁に埋め込まれた十字架のキリストと同じ格好をした死体を発見する。一方レダ刑事はキリストに似た傷だらけの男を病院に運び、やがて2つの事件は結びつく。

☆☆☆1作目よりはるかに評判の悪いのでおそるおそる見てみた。
が、思ったほど悪くはない。

確かに、あの超人的な修道士たちは漫画チックで笑ってしまうし、ラストなど、「レイダース失われたアーク」をかなりしょぼくした感じ(笑)といえなくもない。かなりハリウッド映画的作りになっているし。

それでも、宗教的な謎ときもあったりして、種明かしは(なあーんだと言ってしまったが)一応楽しめるし、次々と殺されていく前半はスピード感があってよい。それに、なんといってもジャン・レノの主演作なのでワタクシとしては許せるのである。

前作で、ニーマンス警視は大の犬嫌いであると言われていたが、2ではちっちゃな犬を飼って犬嫌いを克服しようとしている姿が、なんだかかわいらしい。あんな大きな図体して犬嫌いはないよなあと思うと笑える。こういう場面がJ・レノだとお茶目な感じなのだ。
コンビ的にも前作のV・カッセルより今回のB・マジメルの方がしっくりくる感じ。

まあでも、3作目はもうないですよね?


« canonPIXUSip7500 | トップページ | スー・グラフトン『悪意のM』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/10405897

この記事へのトラックバック一覧です: 「クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち」:

« canonPIXUSip7500 | トップページ | スー・グラフトン『悪意のM』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon