« 「バースデイ・ガール」 | トップページ | 「S.W.A.T.」 »

2006/06/19

スー・グラフトン『縛り首のN』

本日の本
縛り首のN
book-27 『縛り首のN』 スー・グラフトン著 ハヤカワ・ミステリ文庫

STORY:心臓発作のため車の中で死亡した刑事のトム。生前何かに悩んでいたと主張する未亡人の依頼でキンジーは調査をはじめるが、何者かの襲撃を受け怪我を負ってしまう。

☆☆☆女性探偵キンジー・ミルホーンシリーズ第14弾。

今回のキンジーは、恋人のような、そうでないようなディーツをネバダに送り届けた帰り、ノタ・レイクという小さな街で、未亡人の依頼を受け調査をはじめる。一瞬、キンジーの住まいがあるサンタ・テレサに戻るものの、ほとんどの舞台はこのノタ・レイクという街。
というわけで、レギュラー陣の、セクシーな大家・80を越えているヘンリーや、行きつけの食堂の女主人ロージー、キンジーが事務所を置かせてもらっている法律事務所のボス・ロニー他、いつもの面々の登場場面がほとんどないのが残念。これだけ長いシリーズになると脇の登場人物の動向も気になるものだ。

暖かい街カリフォルニアのサンタ・テレサ(架空の街)を離れ、寒い場所での調査のためか、いつも元気をもらっているレギュラー陣がいないせいか、キンジーの気分も落ち込みがち。閉鎖的、保守的な小さな街では、誰もが口を閉ざそうとし、なかなか調査もはかどらず、弱音を吐いたりするキンジーだが、今回もねばり強い追跡で真相に迫る。
真実が暴かれたことが、果たしてよかったのかどうか、苦さの残る結末。

次作では再びサンタ・テレサに戻り、いつものキンジーが見られるだろうか。

« 「バースデイ・ガール」 | トップページ | 「S.W.A.T.」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/10596699

この記事へのトラックバック一覧です: スー・グラフトン『縛り首のN』:

« 「バースデイ・ガール」 | トップページ | 「S.W.A.T.」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon