« 「TAXi2」 | トップページ | 群ようこ『ぢぞうはみんな知っている』 »

2006/07/26

「ナイト・ウォッチ」

本日の映画
ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR 特別編
movie-61 「ナイト・ウォッチ」 Nochonoy Dozor 2004年露

DIR:ティムール・ベクマンベトフ
CAST:コンスタンチン・ハベンスキー、ウラジーミル・メニショフ、マリア・ボロシナ
STORY:特殊な能力を持ち異種と呼ばれる者たち。彼らは光と闇の勢力にわかれ昔から戦ってきたが、1000年前に休戦協定を結ぶ。闇の行動は光の監視人ナイト・ウォッチ、光の行動は闇の監視人デイ・ウォッチにより監視され均衡が保たれてきたが、均衡を崩してしまう強力な異種が誕生する兆しが・・・

☆☆☆ロシア映画というと、ニキータ・ミハルコフ監督作品でとまったままのワタクシとしては実に驚きのロシア映画であった。
もしロシア語でなかったら、どこか別の国の映画だと思ったかもしれない。

ロシア版「マトリックス」というのは少々言い過ぎにしても、確かに雰囲気が似ていなくもない。主人公達がサングラスしてるし(笑)。異種というテーマでは「X-MEN」的要素もあるし。あとは・・・と考えるといろいろなハリウッド映画に似ている気もしなくはない。

映像も実験的でなかなかの見ごたえ。全然知らなかったが、いつのまにロシアもこんな映画を撮るようになったのだろうか。

お話は、3部作である原作の映画化ということだが、若干わからない部分もある。これは序章であって、2作目、3作目と見ていくとわかる仕組みだろうか。その辺も「マトリックス」?(笑)あからさまに次回に続く的な終わり方ではなかったが(「パイレーツ~」みたいな)、続きが気になることは確か。光と闇の戦いの行く末は?父と子の関係は?次作「デイ・ウォッチ」も是非見なくてはなるまい。

できれば、主人公がもう少しかっこよかったらよかったのですが。ロシアでは有名な俳優なんだろうか?
それともこのキャスティング狙い?続きを見てみないとわからないか・・・

« 「TAXi2」 | トップページ | 群ようこ『ぢぞうはみんな知っている』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー
昨日観ました。
「ロシア版マトリックス」とのふれ込みの割にはイマイチ評判にならなかったんですごい不安だったんですけど(笑)...微妙ですね~まぁ話自体は完全に途中ですから完結するまではちょっと評価できないって感じですね。

個人的には呪われた女役の女性以外は「役者に魅力無ぇなぁ~」と思いつつ観てました(笑)

こんばんは。
「ロシア版マトリックス」はちょっといいすぎかなと思いましたが(笑)、ロシア映画としては新しかったのでしょうか。ロシアでは大ヒットという話ですから・・・
続きに期待・・・というところでしょうかね。役者も続きを見ると慣れるかも??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/11109658

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナイト・ウォッチ」:

« 「TAXi2」 | トップページ | 群ようこ『ぢぞうはみんな知っている』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon