« 「最終絶叫計画」 | トップページ | 北海道みやげ »

2006/07/05

スー・グラフトン『アウトローのO』

本日の本
アウトローのO
book-29 『アウトローのO』 スー・グラフトン著 ハヤカワ・ミステリ文庫

STORY:期限切れの倉庫の残留品を買い取らないか?それらは、14年前最初の夫ミッキーのもとに残してきたものだった。ミッキーの行方を探すキンジー。やがて探し当てたミッキーは昏睡状態だった。キンジーは離婚当時、彼が関わっていた事件について調査を始める。

☆☆☆女性探偵キンジー・ミルホーンシリーズ第15弾。
前作ではキンジーの住むサンタ・テレサが舞台でなかったので、サブキャラがほとんど登場しなかったのが少々不満だったのだが、今作では再びサンタ・テレサへと戻ったキンジー。しかし、あちこち調査にまわるし、案外いつものメンバーが登場しない。
そのかわりといってはなんだが、なんと、ずっとキンジーが語りたくないと口を閉ざしていた、最初の夫ミッキーが登場するのだ。とはいえ、登場した時には撃たれて昏睡状態という設定で、キンジーが離婚にいたったいきさつ、その当時何があったのかは、キンジーのいつも通りの丁寧な調査により次第に浮かび上がってくる。調査が進むにつれ、キンジーの誤解、気持ちの行き違いが、ミッキーの人生の転落の一原因となっていたことがわかってきて、苦い結末となっている。
犯人自体は、わりに早い段階で目星がついてしまうが、そういった、キンジーの心の動きが読みどころといえよう。

※次回更新は7月8日の予定です。

« 「最終絶叫計画」 | トップページ | 北海道みやげ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/10804481

この記事へのトラックバック一覧です: スー・グラフトン『アウトローのO』:

« 「最終絶叫計画」 | トップページ | 北海道みやげ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon