« スクリューキャップ | トップページ | 大田垣晴子『イラスト日用服飾事典』 »

2006/07/31

「ヤァヤァシスターズの聖なる秘密」

本日の映画
ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密 特別版
movie-62 「ヤァヤァシスターズの聖なる秘密」 Divine Secrets Of The Ya-Ya Sisterhood 2002年米

DIR:カーリ・クーリ
CAST:サンドラ・ブロック、エレン・バースティン、フィオヌラ・フラナガン、ジェームズ・ガーナー、アシュレイ・ジャッド、シャーリー・ナイト、マギー・スミス
STORY:劇作家シッダはタイム誌のインタビューで子供の頃母親に暴力を振るわれたと話しところ、記事を読んだ母親ヴィヴィの激しい怒りを買ってしまう。見かねたヴィヴィの50年来の親友3人はシッダを誘拐、故郷ルイジアナに連れ帰ってしまうが・・・

☆☆☆出演者の顔ぶれからみると、かなり地味な映画のように思えるが(実際地味目だけど)、なかなかいい映画だ。

母娘の断絶の危機に立ち上がる母の3人の親友達、その名もヤァヤァシスターズ!
なんと、娘シッダに馬用の睡眠薬を飲ませて、ニューヨークからルイジアナまで連れ帰ってしまうのだ。母ヴィヴィを子供の頃から知っていて、彼女の喜び、悲しみ、苦しみすべてを知っている親友達は娘と仲直りさせようと必死になる。彼女達の厚い友情はうらやましい。こんな親友ってなかなかできないものだから。
ヴィヴィの夫シェブも素晴らしい人物。よき妻、よき母親になれなかったヴィヴィを辛抱強く暖かく見守り支えるのである。

ヴィヴィを演じるE・バースティン、夫を演じるJ・ガーナー、そして親友達を演じるF・フラナガン、S・ナイト、M・スミスがみな素晴らしく、引き込まれる。
主演のS・ブロックや、ヴィヴィの若い頃という難しい役どころを演じたA・ジャッドもいいが、やはり老練な演技にはかなわない。

製作総指揮の1人にベッド・ミドラーの名があるが、しみじみと感動できる映画を作るんですね。演じる時はコミカルなのに・・・ちなみにワタクシは歌手としてのB・ミドラー、結構好きです。

« スクリューキャップ | トップページ | 大田垣晴子『イラスト日用服飾事典』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/11170965

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤァヤァシスターズの聖なる秘密」:

« スクリューキャップ | トップページ | 大田垣晴子『イラスト日用服飾事典』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon