« 「TAXi3」 | トップページ | 「私は「うつ依存症」の女」 »

2006/08/23

「メメント」

本日の映画
メメント
movie-67 「メメント」 Memento 2000年米

DIR:クリストファー・ノーラン
CAST:ガイ・ピアース、キャリー・アン・モス、ジョー・パントリアーノ、ジョージャ・フォックス
STORY:ロスの保険調査員レナードの自宅に何者かが侵入、妻が襲われ殺害されてしまう。犯人に殴られ前向性健忘となって記憶が10分ほどしか持たなくなってしまったレナードは、ポラロイド写真にメモを書き、情報を自分の体に入れ墨で彫り込みながら、手がかりを追う。

☆☆☆斬新な映画だ。

おおまかなあらすじは聞いていたけれど、しっかりと最初から最後まで見ていないと筋が一瞬わからなくなってしまう。ワタクシもちょっと目をそらしていたら、??わからなくなってしまい、前に戻って見直さなければならなかった。一瞬たりとも目を離さず見ていたとしても、若干の疑問は残る映画だろう。

時間を逆回転・・・というか、10分くらいずつのパーツに分けて、それを時間軸の逆方向から見せる(つまり終わりから始まりへと逆行する)という構成なので、難解な映画のように思えるが、終わってみるとああなるほどと思えるのだ(わからない点もあるが)。これを、時間の流れ通り見せたら、フツーのサスペンスに終わるところだが、アイディアの勝利と言えよう。
結末的にはまああまりすっきりするとタイプの映画ではないけれど、ユニークな映画として見て損はないと思う。

ノーラン監督は、「バットマン・ビギンズ」はまだ見ていないけれど、好きなタイプの監督になっていきそうな予感。今後が楽しみだ。


« 「TAXi3」 | トップページ | 「私は「うつ依存症」の女」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー
「メメント」はなかなか興味深い映画でした...もうかなり前に観たのであまり詳しく憶えてないですが(笑)あの切なくて後味の悪い結末、私は好きです。

ちなみに「バットマン ビギンズ」は個人的にはシリーズで一番面白かったというかよく出来ていたと思います。
ただティム・バートンの視点に共感を抱く人にとってはあまり面白くないかも知れませんが...。

こんばんは。コメントありがとうございます。
ティム・バートン映画は結構好きなのがあるのですが、「バットマン」はあの当時見て今ひとつだったのです(今見たらどうかわかりませんけど)。バットマンがM・キートンというのが個人的にダメだったからかもしれませんね。
多分、「バットマンビギンズ」の方が気に入るのでは?と予想しています。
「メメント」の結末、嫌いな人も多そうですが、私もいいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/11576083

この記事へのトラックバック一覧です: 「メメント」:

« 「TAXi3」 | トップページ | 「私は「うつ依存症」の女」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon