« ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー | トップページ | 「ブロークバック・マウンテン」 »

2006/11/19

「Vフォー・ヴェンデッタ」

本日の映画
Vフォー・ヴェンデッタ 特別版
movie-89 「Vフォー・ヴェンデッタ」 V For Vendetta 2005年英独

DIR:ジェームズ・マクティーグ
CAST:ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィーヴィング、スティーヴン・レイ、スティーヴン・フライ、ジョン・ハート
STORY:独裁者アダム・サトラー議長が支配する近未来のイギリス。テレビ局で働くイヴィーは外出禁止令のしかれた夜に出歩き、秘密警察に捕まるところをVと名乗る仮面をかぶった男に救われる。彼は、ガイ・フォークスにならってたった一人で政権を覆そうとするテロリストだったが、イヴィーはこの戦いに巻き込まれていく。

☆☆☆☆ナタリー・ポートマンが坊主頭になったことが話題となった作品。
N・ポートマンは確かに熱演で、この頭も何ら違和感なし。様々な試練を経て、強い闘志へと変貌していく姿は凛として美しい。

しかし、この映画は「V」の映画。
はじめは、単なるテロリストなのか、救世主なのか、英雄なのかもわからないのだが、次第にVの過去や目的が明らかになっていく。自分の後継者をイヴィーと決めてあとを託すV(しかし、そのためにイヴィーをあんな目にあわすか?という疑問もあるけど)の最後の姿はもの悲しい。Vとイヴィーの淡い恋愛感情にもぐっときた。

Vは最後まで仮面をはずさないので、演じたH・ウィーヴィングの顔は拝めずじまいだけれど、声の演技もあってなんだか表情が見えるかのよう。アクションシーンも本人が演じたんだろうか?なかなかのナイフさばき!ラストなど「マトリックス」みたいだった(笑)。ウォシャウスキー兄弟の製作脚本ですからね。ストーリーはワタクシ的には「マトリックス」よりわかりやすかったですが。

マスコミを利用した思想操作、徹底した監視体制、マイノリティーの排除などこの映画の設定、いつか現実味を帯びてきそうで恐いが、この映画のラストのような希望もある、と考えたい。

« ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー | トップページ | 「ブロークバック・マウンテン」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こりゃ、観なければならないな。謎めいてるとこが面白そう。

しぽさん、こんばんは。はじめはちょっとわかりにくいかもしれませんが、ミステリアスな展開でおもしろいです。是非ご覧になって下さい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/12749344

この記事へのトラックバック一覧です: 「Vフォー・ヴェンデッタ」:

« ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー | トップページ | 「ブロークバック・マウンテン」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon