« コンビニの中華まん | トップページ | 今年の目標 »

2007/01/08

赤瀬川原平・奥本大三郎・東海林さだお『うまいもの・まずいもの』

本日の本
うまいもの・まずいもの
book-1 『うまいもの・まずいもの』 赤瀬川原平・奥本大三郎・東海林さだお著 中公文庫


東海林さだお、赤瀬川原平とくれば読まずにはいられない。ショージ君といえば・・・やっぱり食べ物に関する鼎談集である。
去年10月に出た文庫だが、単行本自体は14年前のもの。話題が古い部分もあるけれど、食べ物の話なのでそれほど古い本という感じはしない。


ショージ君も赤瀬川氏もふざけたところがあるのがおもしろいのだが、もうお一方奥本氏が少しふざけ度が少ないためか、少しおとなしめの鼎談集となっている。多分2人だけの方がもっと笑える本になったことだろう。


今年も食に関するエッセイはどんどん読みたい。


さて、例年になく長かった冬休みも今日でおしまい。うー


« コンビニの中華まん | トップページ | 今年の目標 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/13394960

この記事へのトラックバック一覧です: 赤瀬川原平・奥本大三郎・東海林さだお『うまいもの・まずいもの』:

« コンビニの中華まん | トップページ | 今年の目標 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon