« セブンイレブン くまのプーさんのパスタ皿 | トップページ | 九星運勢占い »

2007/02/01

「シャイニング」

本日の映画
シャイニング 特別版 コンチネンタル・バージョン
movie-7 「シャイニング」 The Shining 1980年米


DIR:スタンリー・キューブリック
CAST:ジャック・ニコルソン、シェリー・デュバル、ダニー・ロイド、スキャットマン・クローザース、バリー・ネルソン
STORY:冬の間雪のため閉鎖されるホテルに、作家志望のジャック一家が管理人としてやってくる。このホテルでは過去に管理人が家族を惨殺するという事件があったのだが・・・


☆☆☆今回は143分のオリジナル版を鑑賞。


ジャック・ニコルソン、シェリー・デュバルとくれば何か映画がはじまる前から何か起こりそうな気がする。
人気のないホテル、過去の陰惨な事件、特殊な能力を持つ子供、とお膳立てはばっちり。次第に恐怖が募ってくる。無機質なホテルの映像、耳障りとも思える音楽の効果も手伝って、人がたくさん死ぬ、という話ではないがとにかく恐い。


それに、なんといってもJ・ニコルソン。目が完全にいっちゃってます。じわじわと狂っていくジャック。彼は狂気の演技のうまい人だけれど、この映画が最高かも。斧を振り回す姿といったら・・・最後までJ・ニコルソンに目が釘付けである。S・デュバルのあの目を見開いた恐怖演技も見ていて恐い。個性的なおもしろい女優さんだったが、最近はとんと見ませんね。


なんでも、原作者スティーヴン・キングはこの映画が不満で、自分でテレビ映画を作ってしまったそうだが(改変が気にくわなかったのだろうか。このテレビ映画は未見)、ホラーとしてはまずまずいい出来だと思う。キューブリックらしい美学・・・スタイリッシュな映像・・・が好みでない人にはおすすめできませんが。


しかし、S・キング原作の映画というと、なぜホラーでない作品の方が出来がいいんでしょう?「ショーシャンクの空に」、「スタンド・バイ・ミー」、「グリーン・マイル」。これがキング原作映画のワタクシのベスト3なのです。

« セブンイレブン くまのプーさんのパスタ皿 | トップページ | 九星運勢占い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
一応、キューブリック版・キング版両作品観ておりますし、原作も読んでます...キューブリック版はかな~り昔観たのでよく憶えてないですが...(笑)

基本的にオバケ屋敷と少年の能力っていうのが話の本筋だと思いますが、キューブリックは、憑りつかれて壊れてゆく親父にスポットを当てて完全に”キューブリック印”にしてしまったのでそれがキングには気に入らなかったのでは?
解釈が違うだけでどちらの主張も間違ってないと思いますが、ホラーというよりはサスペンス色を強くして物語に深みを与えたことがキューブリック版の評価の高さに繋がってると思いますね。

スティーヴン・キングについて語ると長くなるので(笑)今回はこの辺で。

こんばんは!
なるほど~
私、小説も読んでないし、キング版も見てないんですよね。
確かに、キューブリック版では、オバケ屋敷や少年の特殊な能力というのがかすんでしまってましたね。昔見た時も、J・ニコルソン怖い~という印象でしたけど、今回もやっぱりその印象が強かったです。
キング版も見てみたいんですけど、ちょっと長いなあ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/13746763

この記事へのトラックバック一覧です: 「シャイニング」:

« セブンイレブン くまのプーさんのパスタ皿 | トップページ | 九星運勢占い »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon