« 「ラヴェンダーの咲く庭で」 | トップページ | 寒天ブーム »

2007/03/20

「チャーリーとチョコレート工場」

本日の映画
チャーリーとチョコレート工場
movie-22 「チャーリーとチョコレート工場」 Charlie And The Chocolate Factory 2005年米


DIR:ティム・バートン
CAST:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー、ヘラナ・ボナム=カーター、ノア・テイラー、ジェームズ・フォックス、ディープ・ロイ、クリストファー・リー
STORY:15年前から誰一人として出入りしたことのない不思議なチョコレート工場。工場の経営者ウィリー・ウォンカは、ゴールデンチケットを引き当てた5名のみ特別に工場見学を許可するという声明を発表。失業中の父、母、寝たきりの2組の祖父母とともに暮らす貧しい少年チャーリーも奇跡的にチケットを手に入れ、工場へ招かれるが・・・


☆☆☆☆鮮やかな色彩のファンタジー。


独特の世界を創り出すT・バートンと、「奇妙な味」の原作者ロアルド・ダール。この組み合わせはどうか?これは成功だった、と思う。
かなりブラックな笑いが、色鮮やかな映像で展開されていくのだが、これがおもしろいのだ。
T・バートンの苦手な人でもこれはまあ見られるのではないだろうか。


お話は、童話らしく(しかし、R・ダール原作なのでちょっとひねって)教訓たっぷりで展開する。
工場に招待された5人の子供は、お金でチケットを買い占める傲慢な少女、賞を取ることに執念を燃やす勝ち気な少女、食い意地の張った肥満の少年、ゲームおたくのイヤミな少年、そして、貧しいが善良なチャーリー少年。
この設定で、まあなんとなく筋書きが読めますね。なにしろ、チャーリー以外の4人が実にいやーな子供たちなんである。案の定、一人一人がとんだ目にあうわけだけど、この場面が、ウンパルンパ(ディープ・ロイが一人で演じている!怪演である)が歌い踊りながら進行していくので、ミュージカル要素もあって楽しい。


ジョニー・デップは、「パイレーツ・・・」の時はちとやりすぎかなあと思ったが、この映画ではオーバーな演技もしっくりきている。演じていて楽しそうだ(あの出っ歯は笑える)。やっぱり、J・デップはT・バートンとのコンビが一番ぴったりくるようだ。
T・バートンも昔の暗いだけ、という作風から少しずつ変化してきているように思えますね。

« 「ラヴェンダーの咲く庭で」 | トップページ | 寒天ブーム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/14331094

この記事へのトラックバック一覧です: 「チャーリーとチョコレート工場」:

» 映画「チャーリーとチョコレート工場」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原作:ロアルド・ダール「Charlie and the Chocolate Factory」 全世界で1300万部を売り上げるベストセラーの映画化作品。 両親と両祖父母と一緒に、今日もまたキャベツのスープをすするチャーリー少年(フレディー・ハイモア)。彼の楽しみは、年に一度、誕生日に買っても... [続きを読む]

» チョコレートの原料 [チョコレート作り方@チョコレート効能]
◆チョコの原料◆チョコレートの原料はカカオの木の実です。カカオの木は、学名をテオブロマ・カカオといいます。「テオブロマ」とは、ギリシャ語で「神さまの食べもの」という意味でとても大事にされていました。昔は貴重な食べものだったのです。現在でたとえると桐の箱に入った1個○万円の「高級メロン」ですかねぇ~(?)またカカオはお金として使われていたこともあります。by「All About」... [続きを読む]

« 「ラヴェンダーの咲く庭で」 | トップページ | 寒天ブーム »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon