« 小布施ワイナリーのワイン | トップページ | 「イーオン・フラックス」 »

2007/05/09

ジル・チャーチル『飛ぶのがフライ』

本日の本

book-25 『飛ぶのがフライ』 ジル・チャーチル著 創元推理文庫


STORY:親友シェリイたちとサマーキャンプ候補地の下見にやってきたジェーン。絶好の骨休みのチャンスと思いきや、早速キャンプ場で死体を発見するジェーンたち。ところがその死体が消えてしまい・・・


☆☆☆なんと、5年2ヶ月ぶりに出た主婦探偵ジェーンシリーズの第9弾。久々の登場である。
このシリーズ、大好きで出るとかかさず読んでいたのだが、しばらくご無沙汰だったのでもう終わりなのかな?とも思っていた。ところがなんのなんの。アメリカじゃ15作目まで出てるらしいじゃないですか。まだまだ楽しみだ。


今回も題名からして人を喰った感じだが、ジェーンの迷探偵ぶりは健在。あいにくと家を離れてキャンプ場にやってきているので、面倒ばかりかける子供達や、うるさい姑、刑事の恋人メルは登場しないのが残念だが、その分、隣に住む親友のシェリイとの珍問答がたのしめる。


名訳者の浅羽莢子さんがお亡くなりになってしまったので、今後どうなるのか不安だが、この名調子を受け継いで、次々と翻訳していただきたい。

飛ぶのがフライ飛ぶのがフライ
ジル・チャーチル 浅羽 莢子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 小布施ワイナリーのワイン | トップページ | 「イーオン・フラックス」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/15005563

この記事へのトラックバック一覧です: ジル・チャーチル『飛ぶのがフライ』:

« 小布施ワイナリーのワイン | トップページ | 「イーオン・フラックス」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon