« リラックマランチバッグ | トップページ | 池田あきこ『ダヤンのスケッチ紀行 ドイツの古城とライン川を行こう』 »

2007/05/13

「恋はデジャ・ブ」

本日の映画
恋はデジャ・ブ
movie-36 「恋はデジャ・ブ」 GroundHog Day 1993年米


DIR:ハロルド・レイミス
CAST:ビル・マーレイ、アンディ・マクダウェル、クリス・エリオット
STORY:テレビのお天気キャスターは高慢でイヤミな男。ウッドチャック(モグラ)のお祭りの取材に、プロデューサーのリタ、カメラマンのラリーとバンクタウニーという町にやってくるが、取材がつまらないと文句ばかり。取材が終わり帰ろうとしたフィルたちだが、吹雪きで閉じこめられてしまう。やむなくもう一泊するか、翌朝がきてみると、またお祭りの日・・・昨日がはじまったのだった。


☆☆☆デジャ・ブ・・・デジャヴというと最近のデンゼル・ワシントン主演の映画を思い出すが、これはコメディ。近々ビル・マーレイの「ブロークン・フラワーズ」を見ようかと思っているので、久々に再見。


そもそもワタクシ、あんまりB・マーレイが得意じゃあない。すごくアクが強いというわけではないのだけど、(実際の本人がどうかはともかく)嫌みな、小ずるい仏頂面の男を演じることが多くて、なんか共感できないキャラなような気がするんである。
この映画でもまさにそういう役どころで、主人公フィルはとにかくいやーな男。


なぜか自分だけ2月2日を繰り返すことになったフィルは、その境遇を利用してはじめはやりたい放題。悪いこともたくさんやって、好きになったリタをなんとか口説こうと、毎日(実際はずっと2月2日なのだが)リタに関して得た情報を最大限利用し、気に入られようとあの手この手を繰り出すが、その度にリタに平手打ちされる。このシーン、なかなか笑える。


そのうちむなしくなったフィルは、毎日自殺を繰り返すが、目覚めるとやっぱり2月2日がはじまる・・・まあこの気持ちもよくわかる。毎日同じことしか繰り返されないとしたら、毎日起こることがすべてわかってしまっていたとしたら、一生懸命生きていこうという気持ちが萎えてしまうだろう。


ここで、ようやくフィルも生まれ変わるのだ。自己中心的だった男が、他人のことを思いやるようになって、そして奇蹟が・・・
たわいのないファンタジーといってしまえばそれまでだけど、気分よく見終えることができる。はじめてビル・マーレイもいいなと思った映画だった。


リタ役のA・マクダウェル、「グリーン・カード」、「フォー・ウェディング」などロマンティックコメディにいろいろと出ていて、ファンだったのだが、この10年くらいあまり姿を見ないのが残念だ。

« リラックマランチバッグ | トップページ | 池田あきこ『ダヤンのスケッチ紀行 ドイツの古城とライン川を行こう』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/15061639

この記事へのトラックバック一覧です: 「恋はデジャ・ブ」:

» 映画『恋はデジャ・ブ』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Groundhog Day(1993) 10年以上も前のこと、一体何をしていたのか、遠く忘却の彼方だが、この映画を見逃していたとは・・ちょっぴり歯がゆくも、究極の愛の形を見せてくれる・・ フィル(ビル・マーレイ)は天気予報のTVキャスター、リタ(アンディ・マクダウェル)は女... [続きを読む]

« リラックマランチバッグ | トップページ | 池田あきこ『ダヤンのスケッチ紀行 ドイツの古城とライン川を行こう』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon