« 新井皓士『ドイツ・ラインとワインの旅路』 | トップページ | 熊谷徹『住まなきゃわからないドイツ』 »

2007/06/05

「氷の微笑2」

本日の映画
氷の微笑 2 アンレイテッド・エディション
movie-40 「氷の微笑2」 Basic Instinct2 2006年米


DIR:マイケル・ケイトン=ジョーンズ
CAST:シャロン・ストーン、デヴィッド・モリッシー、シャーロット・ランプリング、デヴィッド・シューリス
STORY:ベストセラー作家キャサリン・トラメルの運転する車がテムズ川へと突っ込み、同乗のサッカー選手が死亡。かつてサンフランシスコで殺人の容疑者となった過去のあるキャサリンを有罪にするべく、精神科医グラスに鑑定の依頼が持ち込まれる。やがて、キャサリンはグラスに治療を頼み、患者となるが・・・


☆☆☆ラジー賞4冠に輝く?作品。
ラジー賞をとったとあらば、恐いもの見たさでついつい見てしまう。いったいどんな出来の悪さかと見てみたが・・・


ストーリー自体は決して悪くはない。思わせぶりな展開が多すぎるきらいはあるものの、「氷の微笑」続編でなければ、案外まともなスリラーだったと思う。


が、残念ながら、シャロン・ストーンが年をとってしまったのがいけないのだ。というか、あれから14年もたっているのだから年をとって当たり前なのだが、いくら扇情的なエロティックシーンをとっても、なんか痛々しさを感じるんですね。まだまだこの年にしては若いとは思うけど(CGで皺をとったというウワサは本当でしょうか?)、やっぱりやつれは隠せない。
14年じゃなくて、5年後くらいに撮ってくれたらよかったのになあ・・・


そして、相手役D・モリッシーが(ファンの方ごめんなさい)ワタクシにはまったく魅力が感じられず(役名が、マイケル・ダグラスならぬ、マイケル・グラスなのには大爆笑)、この点もマイナスポイント。S・ランプリングが出ていてちょっとうれしくなったが、それほど活躍の場面もなく、なんとなくもやもやしてるうちに映画は終わってしまったのだった。


このラストだと、3もできそうな気がするが、やめた方がいいでしょうねぇ。

« 新井皓士『ドイツ・ラインとワインの旅路』 | トップページ | 熊谷徹『住まなきゃわからないドイツ』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ついに観たんですね~(笑)
nocciさんの感想だと意外と(ラジー賞とった割には)マトモな作品のようですが...どうせダメならとことんいって欲しかったですね。
私も早く観たいんですけど、TSUTAYAが全然半額セールやってくれないんですよー(笑)

こんばんは!
シャロン・ストーンの演技は、立派に(?)ラジー賞ものですが、映画自体はまあそこそこでした。少なくとも、途中で見るのやめようかしらとは思いませんでした(笑)。
話の種に是非ご覧下さい(笑)。

こんばんはー
観ましたよ(笑)
まっとうな作品で逆に面白くなかったですね...主演がシャロン・ストーンじゃなかったら普通に楽しめたのでは?どうでもいいですがエロシーン多すぎですね(笑)

普段の写真と比べてみるとシワを消してるという噂もあながち嘘ではなさそうですが...

調子はいかがですか?早く完治するといいですね。

シャロン・ストーン主演で、あの「氷の微笑」の続編ということを売りにしたのがマズイですねぇ。フツーのスリラーですから。
エロティックシーンもだんだん飽きてきますし(というか、あまり興味もないし(笑))。
どうにもならない駄作とまでは思いませんが、やはり失敗作といえそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/15326072

この記事へのトラックバック一覧です: 「氷の微笑2」:

« 新井皓士『ドイツ・ラインとワインの旅路』 | トップページ | 熊谷徹『住まなきゃわからないドイツ』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon