« 「明日の記憶」 | トップページ | テンプレート変更 »

2007/07/25

池内紀『ドイツ 町から町へ』

本日の本
ドイツ 町から町へ
book-39 『ドイツ 町から町へ』 池内紀著 中公新書


ドイツ本第11弾。


ドイツ文学者でありエッセイストである著者のエッセイ。先日読んだ『ドイツ四季暦 春/夏』とかぶるところもあるが、こちらの方がおもしろかった。情報も新しいし。


有名な都市だけでなく、あまり知られていない(なかなか行けそうもない)町も含め、北から南にかけて各町の紀行をまとめたエッセイ。新聞の連載だったとのことで、一つ一つが短く簡潔で大変読みやすい。


単なる町の紹介にとどまらず、歴史、音楽、美術、文学等にも触れており、知的好奇心をくすぐられる本。
実際に訪れてから読むとさらによさそうだ。

« 「明日の記憶」 | トップページ | テンプレート変更 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/15900246

この記事へのトラックバック一覧です: 池内紀『ドイツ 町から町へ』:

« 「明日の記憶」 | トップページ | テンプレート変更 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon