« やっぱり猫が好き2007 | トップページ | 「イン・ザ・カット」 »

2007/07/02

池内紀『ドイツ四季暦 春/夏 河から街へ』

本日の本

book-36 『ドイツ四季暦 春/夏 河から街へ』 池内紀著 東京書籍


ドイツ本第10弾。


ドイツ文学者でありエッセイストである著者のエッセイ。四季暦というので、なんとなく、季節ごとのドイツの自然について書いた本だと勝手に思っていたのだが、全然違ってましたね(笑)。むしろ、ドイツの街(春/夏は旧西ドイツの街が中心)にまつわるエピソード、歴史、ゆかりの人々について、現在と過去を自由に行き来しながら綴ったエッセイだった。


どの項から読んでもいいが、特に印象に残ったのは、(映画ファンとしては)マレーネ・ディートリッヒとレニ・リーフェンシュタールについて書かれた項。回想録、是非読んでみなくてはなあ。


『秋/冬』編は、旧東ドイツの街についてだそうなので、別の機会に読むことにしよう(今回は行かないため)。


ドイツ四季暦―春/夏 河から街へ
ドイツ四季暦―春/夏 河から街へ池内 紀 喜多 木ノ実


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


« やっぱり猫が好き2007 | トップページ | 「イン・ザ・カット」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/15630585

この記事へのトラックバック一覧です: 池内紀『ドイツ四季暦 春/夏 河から街へ』:

« やっぱり猫が好き2007 | トップページ | 「イン・ザ・カット」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon