« コンドウアキ『うたたね気分~リラックマ生活5~』 | トップページ | 芳醇 ドイツ職人仕立 »

2007/09/29

ジェイニー・ボライソー『クリスマスに死体がふたつ』

本日の本
クリスマスに死体がふたつ (創元推理文庫)
book-45 『クリスマスに死体がふたつ』 ジェイニー・ボライソー著 創元推理文庫

STORY:廃鉱でのスケッチ中に聞こえた悲鳴。警察に通報したローズだが、何も発見されなかった。再び廃鉱を訪れるとまた悲鳴が聞こえる。やがて、つきあいはじめた画家ニックの元恋人ジェニーの死体が発見され、ローズも容疑者になってしまう。

☆☆☆イギリス・コーンウォール地方を舞台とするミステリ3作目。

このシリーズの好きなところは、コーンウォールの自然、食べ物の描写(主人公はなかなかの料理好き)、そして主人公がワイン好きでいつも飲んでいるということ(笑)。

人物の描写もまたいきいきとしていて、その映像が頭に思い浮かぶ。
他方、ミステリとしては若干甘いかなというところも。推理に至るステップが飛ばされてしまい、事件の解決がああなるほどとはいかないのである。

それでも、主人公ローズと元恋人のジャック・ピアース警部との中がどうなっていくかという興味もあって次作が楽しみ。しかし、ローズ、もてすぎ(笑)。

« コンドウアキ『うたたね気分~リラックマ生活5~』 | トップページ | 芳醇 ドイツ職人仕立 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/16604034

この記事へのトラックバック一覧です: ジェイニー・ボライソー『クリスマスに死体がふたつ』:

» クリスマスに、家族や恋人とクリ [クリスマスプレゼントに贈るなら]
クリスマスに、家族や恋人とクリスマスプレゼントを贈り合う習慣は、キリスト教という宗教的なものを離れ、日本でも12月の大きなイベントの一つとなっています。この習慣の歴史は非常に古く、確認されるのは、古代ローマの時代までさかのぼる、と言われています。クリスマスプレゼントに何を贈れば、相手が喜んでくれるのか、ということは頭を悩ませる問題です。アンケートによると、女性はブランドのアクセサリーや花、男性はネクタイや時計、小物類など実用的なものが多いようです。予算はあまり見栄を張らず、で...... [続きを読む]

« コンドウアキ『うたたね気分~リラックマ生活5~』 | トップページ | 芳醇 ドイツ職人仕立 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon