« コエドブルワリー 伽羅(kyara) | トップページ | 角田光代『あしたはアルプスを歩こう』 »

2007/10/01

「TATARI タタリ」

本日の映画
TATARI タタリ
movie-62 「TATARI タタリ」 House On Haunted Hill 1999年米

DIR:ウィリアム・マローン
CAST:ジェフリー・ラッシュ、ファムケ・ヤンセン、テイ・ディグス、ピーター・ギャラガー、ブリジット・ウィルソン
STORY:無事に一晩過ごせたら1億円あげようという言葉に誘われ集まったきた男女数人。かつて人体実験が行われていた精神病院だった屋敷に閉じこめられてしまった彼らに次々と恐怖が襲いかかる。

☆☆☆ヴィンセント・プライス主演の50年前のホラー「地獄へつゞく部屋」のリメイク。

ヴィンセント・プライスのホラー映画はずいぶん見ているが(昔よく東京12チャンネルの昼の映画番組でやっていた)、これは見たことあるかどうか記憶になし。
なんとなくお屋敷に集められた人々が死んでいくというパターンの映画はたくさん観たことがある気がするのだが、ごっちゃになってるかも。

で、この映画だが、お屋敷の出入り口や窓が全部ふさがれてしまい、なんとか逃げ道を探っていくうちに一人減り、二人減りという出だしは好調。昔の精神病院の場面がはさまるのだが、これが気持ち悪い。なんだか、昔あった富士急ハイランドの「戦慄の閉鎖病棟」を連想してしまった。

ところが、なんとなく話の底がわれはじめるとなあーんだということになってしまう。しかも、普通のミステリだったかと思わせて、そういうオチ!うーん、どっちつかずな感じがしてしまったなあ。どっちの方向で行くかきっちりしてほしかった気がする。個人的な趣味ですけど。

しかし、この映画でなんといってもうけたのは、J・ラッシュが思い切りV・プライスを意識して演技していたこと。なぜラッシュがこんな映画に?と思ったが、あの大げさな演技、楽しかったのかも知れない。役の名が、またプライスというのにニヤリである。

« コエドブルワリー 伽羅(kyara) | トップページ | 角田光代『あしたはアルプスを歩こう』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/16632353

この記事へのトラックバック一覧です: 「TATARI タタリ」:

« コエドブルワリー 伽羅(kyara) | トップページ | 角田光代『あしたはアルプスを歩こう』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon