« 「セルラー」 | トップページ | アサヒ ぐびなま。冬のやわらかホップ »

2007/10/13

「クライム&ダイヤモンド」

本日の映画
クライム&ダイヤモンド ~スペシャル・エディション~
movie-66 「クライム&ダイヤモンド」  Who Is Cletis Tout 2001年米

DIR:クリス・ヴァー・ヴェル
CAST:クリスチャン・スレイター、ティム・アレン、リチャード・ドレイファス、ポーシャ・デ・ロッシ
STORY:ホテルの一室、フィンチは自分をとらえた殺し屋、映画フリークの毒舌ジムに対して、自分の今までの話をすることで生き延びようとする。フィンチは、刑務所で知り合ったマイコーと脱獄、ダイヤの隠し場所に行こうとし、すでに殺されたタウトという男になりすますが、まだ生きていると勘違いしたマフィアに狙われるはめに陥る・・・

☆☆☆直線的なサスペンス映画かと思いきや・・・
コミカルな要素もいっぱいのサスペンス(コメディ)だった。

いったいこの話のオチはどうなるのかと思っていたら・・・いいオチ。この結末は好きだな。

登場人物は、マフィアの手下といい、警察といい、なんとなく間が抜けていて、人がよくて。結果的に主人公フィンチを助けることになってしまう。そこが人を喰っていておもしろいのだが、もっとおかしな人物は、フィンチを殺しにきた毒舌ジム。極めつけの映画フリークで、何かというと映画を引き合いにだし、脱線。映画ファンだったら、ニヤニヤすることを請け合いだ。

フィンチの計画は大甘もいいところで、全然現実味がないのだけど、映画ファンのための楽しい映画を作るのが目的だった(と思う)ので、それも楽しめばよいのだろう。
ラストは「雨に唄えば」のパロディで終わり。後味は大変よい。

R・ドライファスの出番が案外少ないのが残念だったが、C・スレイター、久々にいいなと思った。

« 「セルラー」 | トップページ | アサヒ ぐびなま。冬のやわらかホップ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/16743007

この記事へのトラックバック一覧です: 「クライム&ダイヤモンド」:

« 「セルラー」 | トップページ | アサヒ ぐびなま。冬のやわらかホップ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon