« サントリー ジョッキ濃旨 | トップページ | 今年は幹事 »

2007/10/23

「マーサの幸せレシピ」

本日の映画
マーサの幸せレシピ
movie-67 「マーサの幸せレシピ」 Bella Martha 2001年独

DIR:サンドラ・ネットルベック
CAST:マルティナ・ゲデック、セルジオ・カステリット、メクシメ・フェルステ
STORY:ハンブルクのフレンチレストランの女性シェフ、マーサは優秀だが、人とつきあうのが苦手でいつも一人、とびきりおいしい料理を作るのに自分は拒食症気味だった。そんなある日、姉が事故死し、その娘リナを引き取ることになるがなかなかなじめない。さらに店に新しく入ったイタリア人シェフ、マリオともはじめはうまくいかなかったが・・・

☆☆☆キャサリン・ゼータ・ジョーンズ主演の「幸せのレシピ」の元になった映画。

マーサは、絶対音感ならぬ絶対味覚?があるのか、いつも完璧なまでの料理を作る天才的シェフだが、妥協を許さず、時に客と衝突することもある。
そして、マーサには、仕事しかなく、私生活では楽しみは何もなく、拒食症気味。マーサの作る美しい料理と対比して、マーサがとる食事は、なんか無機質で味気ない感じだ。

そんなマーサの生活に入り込んできたのが、そっくりな性格の姪っ子と、陽気なイタリア人シェフ、マリオ。自分に似た神経質で人にうち解けない性格の姪っ子にとまどい、そっくりであるが故に扱いに困り、明るいマリオはあまりに違う気質であるが故になかなか受け入れることができず、しかし、この2人によって次第にマーサのかたくなな心もほぐれていくのである。

ラスト、マリオとともに大人数で食事をしている場面のマーサの楽しそうなこと、そしてお料理のおいしそうなこと。マーサがレストランで作る料理は美しかったけれど、これほどおいしそうには見えなかった・・・
人生にはちょっとしたスパイスも必要、ということなんでしょうね。

「幸せのレシピ」でのマーサ役、キャサリン・ゼータ・ジョーンズは結構ぴったりだと思うし、新天才子役アビゲイル・ブレスリンもきっといい演技を見せてくれそうで、リメイクもまた楽しみだ。

« サントリー ジョッキ濃旨 | トップページ | 今年は幹事 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。見た時あります。結構、前なので細かいとこまでは思い出せないですけどおもしろいなぁって思った事は覚えてます。キャサリン、はまり役だと思います!

リメイク版、映画館で観たいなあと思ったのですが、結局見られませんでした(まだやってるのかな?)。
オリジナルの方もよかったですけど、もしかするとリメイクの方がもっとおもしろいかもと思います。キャサリン、妥協を許さず、融通のきかない気の強い女性役って似合いますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/16851742

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーサの幸せレシピ」:

« サントリー ジョッキ濃旨 | トップページ | 今年は幹事 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon