« マイケル・ボンド『パンプルムース氏とホテルの秘密』 | トップページ | キリン 一番搾りとれたてホップ生ビール »

2007/11/17

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー2007

0711171
今年もやって参りました、ボジョレー・ヌーヴォーの季節。

昨日も職場で2種類飲んだところだが、今日も家でヌーヴォー。昨日は、ジョルジュ・デュブュッフと田崎真也プロデュースのだったので、今日はアルベール・ビショーのを買ってみた。

今年は、早くから暑くなったものの、その後涼しく雨も多かったというのが不安材料。
さてさてお味は・・・

正直言って、いまいちかなあと。おととし、去年となかなかよかっただけに、比較するとどうもなあという感じ。ピリピリと酸味がかなり勝っていて、まあ、それはフレッシュなヌーヴォーらしい味わいということになるのかもしれないが、重めで渋いのが好みのワタクシとしては、あまり好みの味ではないのである。そもそも重いとか渋いなんてことをもとめちゃいけないんですけどね。

3種類飲んだ中では、田崎プロデュース→ビショー→デュブュッフの順。
来年に期待することにしよう。

0711172
ちなみに今年のお料理は、ブルゴニュー地方っぽく、コック・オ・ヴァン(鶏の赤ワイン煮)、リヨン風サラダ、そしてバケットにチーズでありました。

« マイケル・ボンド『パンプルムース氏とホテルの秘密』 | トップページ | キリン 一番搾りとれたてホップ生ビール »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
私はどうもワインだけは苦手でまったくといっていいほど飲めません。
昨年はワイン1本いただいたのですが完全に料理用になってます(笑)

いただいたワインが料理用!(涙)
高級なわいんだったがもったいないですぅ。いただきたいくらい(笑)。
ヌーヴォーはワインがダメという方には無理かもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/17103592

この記事へのトラックバック一覧です: ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー2007:

« マイケル・ボンド『パンプルムース氏とホテルの秘密』 | トップページ | キリン 一番搾りとれたてホップ生ビール »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon