« 「Gガール 破壊的な彼女」 | トップページ | yonda?アロハブックカバー »

2007/11/03

「インビジブル2」

本日の映画
インビジブル2
movie-69 「インビジブル2」 Hollow Man 2 2006年米

DIR:クラウディオ・ファエ
CAST:クリスチャン・スレイター、ピーター・ファシネリ、ローラ・レーガン、ウィリアム・マクドナルド
STORY:ライズナー研究所での殺人事件後、次の標的とされる科学者マギーの警護を命じられたターナー刑事。事件の真相について口を固く閉ざすマギーだったが、襲撃をうけ、事件の背後にある軍の極秘研究についてターナーに語る。兵士を透明人間化する計画だったが、透明人間となった彼らは、副作用で凶暴になってしまっていたのだ・・・

☆☆ケビン・ベーコン主演の「インビジブル」続編。
確かに話は続いているようなのだが、全く別物である。

前作は、ポール・ヴァーホーヴェン監督の悪趣味も見え隠れして、なかなかおもしろかったのだが・・・

この映画も、冒頭の殺人事件まではこれはいいぞと思ったものの、そのあと失速。
透明人間のアイディアも前作で出尽くしてしまったのか新味がないし、CGもあっと驚くようなものでもない。

前作でもケビン・ベーコンはほとんど透明だったのにもかかわらず、強烈な存在感があったけれど、本作のC・スレイターは最初と最後に一瞬顔が出るが、透明な場面ではC・スレイターの影が薄いというか、誰がやってもいい感じだった。
ヒロインも含め、キャストも小粒で、やっぱり前作の方が予算が多かったんでしょうね。

いくら軍隊を出して大がかりに見せようとしても、アイディア不足では・・・なんか、もうちょっとおもしろくする知恵はなかったのだろうか。

しかし、ラストを見るとまだ続編を作る気?

« 「Gガール 破壊的な彼女」 | トップページ | yonda?アロハブックカバー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。インビジブルってちょっとエロかったですよね?今回もその色が濃いんですか?

こんばんは、しぽさん。
前作よりエロ度も残酷度も減っていました。そこが前作よりおもしろくなかった一因かもしれません。
2にもプロデューサーにヴァーホーヴェンが名をつらねていますが、もっとヴァーホーヴェン色を出した方がよかったように思います。

こんばんはー
クリスチャン・スレイター主演なのに
全然顔出ないのがある意味衝撃でしたが(笑)
最初と最後に中途半端に顔出すくらいなら
逆に一切顔出さない方がカルトムービーとして名を残せたのでは?

ONE OF THE BROKENさん、こんばんは。
全く顔を出さないというのは、「Vフォー・ヴェンデッタ」のヒューゴ・ウィーヴィングみたいですね。
全然顔を出さないのに、あ、これ、クリスチャン・スレイターだとわかったらおもしろかったでしょうね。
なんかこの映画中途半端なんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/16956203

この記事へのトラックバック一覧です: 「インビジブル2」:

« 「Gガール 破壊的な彼女」 | トップページ | yonda?アロハブックカバー »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon