« キリン 一番搾りとれたてホップ生ビール | トップページ | 小栗左多里『プチ修行』 »

2007/11/19

「バイオハザードⅡ アポカリプス」

本日の映画
バイオハザードII アポカリプス
movie-73 「バイオハザードⅡ アポカリプス」 Resident Evil:Apocalypse 2004年英カナダ

DIR:アレクサンダー・ウィット
CAST:ミラ・ジョヴォヴィッチ、シエンナ・ギロリー、ジャレッド・ハリス、オデッド・フェール、トーマス・クレッチマン、サンドリーヌ・ホルト、マイク・エップス
STORY:アンブレラ社の地下研究所での死闘後、捕らえられ病院で目を覚ましたアリス。逃げ出した彼女は、特殊部隊のジルらわずかに生き残った者たちと脱出しようとするが、すでにラクーンシティはゾンビたちで埋め尽くされ、この事実を隠蔽すべくアンブレラ社は核兵器で街を全滅させようとしていた。

☆☆☆SFホラーアクションバイオハザードの続編。Ⅲも公開されたことだし、見てみた。

ストーリーは前作の続きになっていて、しかし今度は研究所の外に出ての出来事。前作は研究所という限定された空間なのがおもしろかったのだが、今回は範囲を広げての物語。ただ、今回もラクーンシティという街の中だけなので、ある意味密室状態と言えなくもない。限定されてはいるが、行動範囲が広がり、登場人物も増えているので、前作とは違ったおもろしろさがある。

アクションは前作よりスケールアップしていて、あいかわらずミラは格好いい(すっかりアクション女優のイメージになってしまった)。前作より強くなっていて人間離れしてきていて、ちょっとロボット的な気もするけれど。
もう一人格好いいアクションを披露するのが、ジル役のシエンナ・ギロリー。「ラブ・アクチュアリー」のイメージと全然違いますね。アリスとジルの二本立てでいくのかと思いきや、Ⅲには出ないようで。ちょっと残念。

ゾンビたちとの闘いは、まあ他のこういった映画とあまりかわりはなく新味はないが、犬は恐かった・・・

そして、最後はまたアリスは捕らえられていて、これ、いかにも続きありますって感じのラスト。最近、こういう映画が多くて・・・きちんと1本1本完結してほしいなあ。
Ⅲで終わるんでしょうか?

« キリン 一番搾りとれたてホップ生ビール | トップページ | 小栗左多里『プチ修行』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ミラは、カッコいいですよね。Ⅱは最初に観た時は、おもしろいと思ってたんですが2回目に観た時にふっと思いました。なんたらレンジャーの敵キャラみたい・・・。って。でもⅢは、おもしろかったですよ。続編は・・・ありそうでないような、それでもあるようなって感じです。

こんばんは、しぽさん。
Ⅲの方がおもしろいですか?むむ、気になりますね。
しかし、さらに続編があるんでしょうか?ヒットしたら作ろうという思惑があるんですかね。
来日した際のミラを見て、ちょっとびっくりしました。かなりふっくらしてて・・・

こんにちは。ミラ妊娠してるって言ってました。・・・会社の上司が。

らしかったですね。
最近、出産したと聞きました。
あさって、Ⅲ見に行くかも、です。

こんばんはー
原作(ゲーム)ファンとしましては
「パニックホラー」が「SFアクション」になってしまったことが気に入らないですね。
まぁ2時間で描くにはある程度凝縮されてしまうのは仕方ないんですけど、原作の持つ不気味さや怖さがもっと出ていたらさらに面白い作品になっていたと思います。

確かにホラーという要素は少なくなっていたかもしれません。
あ、でも私、ゲームはやったことないので比較はできないんですね。
今日Ⅲを見てきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/17123132

この記事へのトラックバック一覧です: 「バイオハザードⅡ アポカリプス」:

» 映画『バイオハザードII アポカリプス』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Resident Evil:Apocalypse 物語は前作からまんま続いているが、超人的なアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)の活躍は衰えていないが、残念ながら映画としての魅力は落ちている。 ゲームではお馴染みのキャラをⅡで登場させているが、・・物語の軸がぼやけて発散させてし... [続きを読む]

« キリン 一番搾りとれたてホップ生ビール | トップページ | 小栗左多里『プチ修行』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon