« リリアン・J・ブラウン『猫は汽笛を鳴らす』 | トップページ | サントリー アワーズ グレープフルーツ »

2007/11/29

「デイ・アフター・トゥモロー」

本日の映画
デイ・アフター・トゥモロー (ベストヒット・セレクション)
movie-75 「デイ・アフター・トゥモロー」 The Day After Tomorrow  2004年米

DIR:ローランド・エメリッヒ
CAST:デニス・クエイド、ジェイク・ギレンホール、イアン・ホルム、エミー・ロッサム、ジェイ・O・サンダース、セーラ・ウォード、タムリン・トミタ
STORY:地球温暖化が深刻化、古代気象学者のジャックは地球の危機を予測、やがてそれは現実化する。巨大な竜巻の発生、高波、そして、氷河期に匹敵するような寒気がやってくる。ニューヨークに滞在する息子を助けるべく、ジャックはそりで向かうが・・・

☆☆☆異常気象をテーマにしたパニック巨編。

この映画、2004年にイギリスに行った際、帰りの飛行機でやっていて、見始めたものの眠ってしまい、結局ほとんど見られなかったというもの。で、見てみると、はじめの10分くらいと、最後の10分くらいしか覚えていなかったのだが・・・

うーん、なかなか考えさせられる映画だ。

地球温暖化は、現実にも深刻化していて、気温も以前に比べるとだいぶ上昇しているし、局地的な大雨や雷、雪なども観測されている。
だが、温暖化と聞いてイメージするのは、やはり気温の上昇であって、この映画のように、一瞬にしてすべてが凍り付く寒気がやってくるなど想像もできなかった。
しかし、古代にも氷河期があったわけだし、先頃の世界的な異常気象を見るとあながちフィクションとも言い切れない気もして怖い。

自然災害の場面のCGはなかなかに迫力があってそこも見所なのだが、もう一つの見所は、アメリカ映画お得意の家族愛ということになろうか。
主人公ジャックは、危険を顧みず、ニューヨークの公立図書館(この設定はうまい。本をどんどん燃やせば暖をとることができる)に閉じこめられている息子サムを救いに向かうのである。そりゃ無謀すぎるだろうと突っ込みたくもなるが、アメリカの人たちはこういった家族愛にきっと感動するんだろうなあ。

息子サムを演じているのが、J・ギレンホール。この映画ではまだまだ頼りなげな感じだったが、次の作品「ブロークバック・マウンテン」で化けたと思う。これからが楽しみな俳優だ。
そして、懐かしい顔が・・・「ベスト・キッド2」の日系人女優タムリン・トミタ。久々に見たなあ。

« リリアン・J・ブラウン『猫は汽笛を鳴らす』 | トップページ | サントリー アワーズ グレープフルーツ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。CGすごいですよね。周りがあっという間に凍り付いていくシーンが印象に残ってます。地球の温暖化も気になりますが今は石油の残量の方が気になります。すごい値上げ・・・。

こんばんは、しぽさん。
どんどん凍り付いて、主人公たちが間一髪で図書館の部屋にたどりつくところスリル満点でした。あんなに瞬時に凍り付くって、とても想像できませんけど。
確かに、石油すごい値上げですよね。なんとなく、誰かが値段をつり上げてるような気もしますが・・・石油の値上げで、いろんなものが値上げ(便乗もありそう)するのが許せないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/17226563

この記事へのトラックバック一覧です: 「デイ・アフター・トゥモロー」:

« リリアン・J・ブラウン『猫は汽笛を鳴らす』 | トップページ | サントリー アワーズ グレープフルーツ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon